2019年12月05日

我国最初のエレベーター専門工場誕生の地

我国最初のエレベーター専門工場誕生の地
大田区仲六郷1丁目のルネ蒲田ガーデンスティツの南側の植え込みの中にあります。半分埋もれていて、覗き込まないと全文が読めません。志茂田小学校のJR線路を挟んで東側で、新宿小学校の南方です。
我国最初のエレベーター専門工場誕生の地記念碑です。「東洋オーチスエレベーター株式会社(旧商号)は昭和8年4月この地に我国最初の本格的エレベーター専門工場を建設し、昭和59年3月千葉県山武郡芝山町に移転するまで操業を行った。昭和61年5月吉日
日本オーチスエレベーター株式会社」とあります。
エリーシャ・オーチスの起こした会社で、彼は1854年、ニューヨーク万国博覧会会場で、エレベーターの落下防止装置の実演をしました。
タグ:発祥の地
【写真>┴オブジェ/像/記念碑/遺跡の最新記事】
2019年12月03日

一人用ベンチ

一人用ベンチ
公園のベンチは通常、二人とか三人とかが座れるものが多いのですが、これは一人用です。背もたれがなく、丸や四角で、石やプラスチック製のものだと一人用もありますけど、こういう形状では珍しいです。部品は通常のベンチのものですね。
大田区蒲田本町2丁目の出村児童公園で発見しました。蒲田温泉の近くです。
日本で一番長いベンチは、石川県志賀町の増穂浦海岸沿いにあり、全長460.9mです。世界一は、ブルガリアのパザルジクにある全長1015mの木製ベンチで、建築家ディミタール・ボイユクリエフの作品です。短い方は競えないですね。座れなくなりますから。
PR:コバアニ模型工房 1/12 公園のベンチ 木製組立キット WF-010
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴公園
2019年12月01日

アクアリーナ川崎アズリーノタワーの駐車場

アクアリーナ川崎アズリーノタワーの駐車場
先月半ばに西六郷に行った時に多摩川対岸の窓のないビルが気になって、川崎行ったついでに見てきました。まあ、予想した通り機械式立体駐車場でした。
アクアアリーナ川崎アズリーノタワーは川崎市幸区戸手4丁目の多摩川沿いにあります。22階建て、144戸で、2008年竣工です。川崎駅から14分ぐらいです。
タワー駐車場は144台収容です。建物横の筋を数えると11階建ての高さのようです。対岸から見ても、住居の半分くらいの高さでしたのであっていると思います。
自走でぐるぐる上がるタイプの駐車場と比べると、台数の割にコンパクトな外観ですね。維持費はかかると思いますけど。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴窓なし
2019年11月30日

NTTドコモ川崎ビル

NTTドコモ川崎ビル
川崎市川崎区日進町にあるNTTドコモ川崎ビルです。正確には「NTTDoCoMo川崎ビル」ですけど。貨物線跡地に建つビルで、NTTファシリティーズ設計、大成建設施工、高さ130m、19階建て、2002年竣工です。
川崎駅の近くに3本角の生えたビルがあるのは知っていたのですが、今日近くを通って、NTTのビルであることを初めて知りました。NTTドコモの電気通信設備を収容したビルは変わったデザインのものが多いです。これも通信用の3本の塔が特徴ですね。貨物線跡地なので薄型物件でもあります。
太陽光発電設備とコジェネレーションシステムが取り入れられています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>異形の建築物
2019年11月27日

宝来公園(田園調布)

宝来公園(田園調布)
大田区田園調布3丁目にある宝来公園です。田園調布駅から6分ぐらいです。
1925年(大正14年)田園調布会が武蔵野の旧景を保存しようと街の一角を広場としたのが始まりで、1934年(昭和9年)に東京市に寄付され、造成整備されて、1944年(昭和19年)宝来公園として開園しました。1950年(昭和25年)区に移管されました。
駅に近い側にある噴水です。玉から少し水が出ています。奥は武蔵野の森が残されている雰囲気ですね。この辺りの公園は古墳が多いのですが、ここは違います。
1宝来公園の鴨(田園調布)
駅と反対側の宝来公園通りに面した側は低くなっていて池があり、鴨がいました。マガモですね。茶色っぽい地味な方が雌です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴公園
PageTop▲