2018年06月18日

栄湯(川崎区小田栄)/山陽館(川崎区渡田)

栄湯(川崎区小田栄)
川崎市川崎区小田栄1丁目にある栄湯です。JR南武支線小田栄駅から北へ3分ぐらいです。超音波、気泡、電気、座風呂、寝風呂、薬湯があり、別料金ですがサウナもあります。豪華なタイル絵があります。また、別料金ですが、米ぬか酵素風呂もあります。砂風呂みたいな感じです。
ちょっと古びたビル銭湯ですが、設備は充実しているようです。
山陽館(川崎区渡田)
川崎市川崎区渡田3丁目にある山陽館という銭湯です。JR南武支線川崎新町駅から東へ10分ぐらい、小田栄駅から北へ10分ぐらいの住宅街にあります。煙突が目印です。
薪で沸かしているのが特徴で、超音波、バイブラ、薬湯、露天風呂(男湯のみ)もあります。
表面を丸と三角で改装してお洒落な感じになっています。

川崎区小田栄周辺は銭湯密度が高く、まとめて紹介しましたが、まだまだありそうですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴銭湯
2018年06月17日

辰巳湯(川崎区小田)/浅田湯(川崎区浅田)

辰巳湯(川崎区小田)
川崎市川崎区小田5丁目にある辰巳湯です。看板表記はたつみ湯となっています。JR南武支線小田栄駅から南へ7分ぐらいです。
檜風呂と天然石露天風呂が男女日替わりです。サウナ、薬湯、電気風呂等、設備は充実しています。
看板がないとレストランと勘違いされそうな外観ですね。
浅田湯(川崎区浅田)
川崎市川崎区浅田1丁目にある浅田湯です。JR南武支線小田栄駅から南へ11分ぐらいで、浅田小学校近くで産業道路からも近いです。武蔵白石駅からだと7分ぐらいです。
駐車場があり、追加料金なしのサウナもあります。ミニプールがあるのが珍しいです。男女日替わりです。設備は充実しています。

小田栄駅を知らない人が多いと思いますが、尻手が起点のJR南武支線の川崎新町と浜川崎の間に、2016年に開業した新駅で、無人駅です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴銭湯
2018年06月16日

吉の湯(川崎区貝塚)

吉の湯(川崎区貝塚)
川崎市川崎区貝塚2丁目にある吉の湯です。川崎駅、川崎新町駅から15分ぐらい、それぞれ東口方向の住宅街の中にあります。建物の間というか、短い路地の奥にあるレトロ銭湯ですね。1950年(昭和25年)に建てられた建物のようです。番台式で、富士山のペンキ絵もあります。煙突もちょっとだけ見えています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴銭湯
2018年06月14日

清水扇稲荷神社(東神田)

清水扇稲荷神社(東神田)
千代田区東神田2丁目にある清水扇稲荷神社です。浅草橋駅から5分ぐらいで、神田川の左衛門橋を渡って右で、路地を入ったところにあります。
鎌倉扇ガ谷と清水村(現東大和市)がルーツらしいのですが、よく分かりませんでした。
植物や土が一切ないシンプルな境内です。近未来的かな?
タグ:神田の神社
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2018年06月13日

富沢稲荷神社(日本橋富沢町)

富沢稲荷神社(日本橋富沢町)
中央区日本橋富沢町にある富沢稲荷神社です。人形町駅、東日本橋駅それぞれから5分ぐらいで、三光稲荷神社からも近いです。両側が工事中で、右は建築中、左はこれから解体ですね。
創建年不明ですが、12世紀からあるらしく、以前は巴熊稲荷神社でしたが、1950年(昭和25年)元弥生町、新大阪町、元浜町、それぞれの稲荷社を合わせ祀られ、富沢稲荷神社と改称されました。
江戸時代、盗賊の鳶沢が幕府の取り締まりに協力することで助命され、この地に手下と共に住み、古着商の元締めをして、このあたりが鳶沢町と呼ばれるようになったのですが、賑わったので、富沢町と呼ばれたそうです。
ということで、商売繁盛、事業成功のご利益があります。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
PageTop▲