2017年12月09日

通元院(芝公園)

通元院(芝公園)
港区芝公園2丁目、将監橋そばにある通元院という浄土宗のお寺です。門のそばに元禄七年銘納経石塔と瘡守稲荷大明神があります。お寺には見えない外観ですね。
増上寺の子院で、東京タワーの南西側に1705年に創建されました。当時は増上寺の境内だったようです。明治になってからこちらに移転してきたので、石塔との直接の関連はないようです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2017年12月08日

元禄七年銘納経石塔と瘡守稲荷

元禄七年銘納経石塔
港区芝公園2丁目、将監橋そばにある通元院というお寺の敷地内にある「元禄七年銘納経石塔」です。右側が観音菩薩、左側が不動明王の浮き彫りで、1694年(元禄7年)に造立されました。大蔵経を納める経蔵の蔵司の居所を決め、その地を守る為に建てたもので、増上寺への納経に関わる石塔です。港区指定文化財です。石塔の後から狐が覗いています。
瘡守稲荷大明神
石塔を守るように瘡守稲荷大明神が建っています。創建年や由来などは分かりませんでした。首都高の下にあるのが分かります。首都高速都心環状線で、浜崎橋JCTの西側です。
2017年12月04日

松下村塾

松下村塾講義室
昨年夏訪れたときは工事中でしたので、再訪問です。世田谷区若林4丁目にある松陰神社の中にある松下村塾のレプリカです。オリジナルと同じ図面で造っていますのでかなり正確なものです。昨年の工事は耐震補強とかですね。山口県萩市にはオリジナルが現存しています。
吉田松陰の叔父である玉木文之進の寺子屋から始まったもので、玉木が公務で忙しくなると久保五郎左衛門が引き継ぎ、その後松蔭が引き継ぎましたが翌年逮捕されて廃止されました。維新後、玉木が復活させ明治25年まで続きました。 
こちらが講義室です。講義もしていましたが、討論の方が主だったようですね。
松下村塾
全景はこちらで、雨戸は土日のみ開放されるようです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2017年12月02日

国士舘メイプルセンチュリーホール

国士舘大学世田谷キャンパスメイプルセンチュリーホール
正確には国士舘大学世田谷キャンパスメイプルセンチュリーホールです。世田谷区役所の斜向い、世田谷区若林4丁目にあります。建学百周年記念事業で造られた施設です。地下3階地上5階建てで、理工学部実習施設、体育施設、学生ラウンジなどがあります。2013年竣工ですが、百周年は2017年ですね。
ボリュームのあるみごとなせり出し物件です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴せり出し物件
2017年11月28日

西郷さんミニトリオ

西郷さんミニトリオ
左から兵六餅、さつまいもキャラメル、ボンタンアメのセットで、鹿児島のセイカ食品の製品です。餅のようなキャラメルのような飴のような商品です。ボンタンアメは子供の頃よく食べていたので、なじみがあるのですが、他は初めてです。東京ではやや入手しづらく、売っているところが限られますね。オブラートに包まれているお菓子も珍しくなりました。
最近は昔ながらのお菓子が好きでこういうのをよく食べています。
PR:セイカ食品 西郷さんミニトリオ 14粒×3種詰合せ
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴物撮り
PageTop▲