2009年09月18日

HTV結合

ライブで見ようと思っていたのにもう終わっていました。予定より早くやったようです。4時頃カナダアーム2で捕まえ、7時頃ドッキングしたようですね。トラブルもなくスムースに作業が進んだようです。

録画で見ましたが、あまりにもゆっくりな動作なので静止画か?と思うぐらいですが、バックの地球は速く動いています。捕まえるときにアームをぶっつけて飛んで行っても困りますし、ドッキングのときも16トンのものですから慎重ですね。

HTVをISSのブーストに使わないのは、ISSのセンター軸上にないせいもあるようです。重心方向で押さないと回転してしまいますからね。

接近の様子を昨日こちらのサイトでときどき確認したのですが、リロードしないと軌道修正分が反映されなくてずれるようですね。やはり、下から少し前に出てから接近していったようです。
http://www.lizard-tail.com/isana/tracking/?target=htv

テレビでは報道されませんね。のりピーばかりです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>宇宙天文
2009年09月15日

「博士の愛した数式」小川洋子/友愛数

hakase.jpg友愛数というのが話題です。確か、「博士の愛した数式」に出ていたと思って引っぱり出してみました。なぜ小説を出してくるかというと、このたぐいの数学の本は持ってないからなんです。

最小の友愛数は220と284です。220の自分自身以外の約数は1 2 4 5 10 11 20 22 44 55 110です。同じく284の約数は1 2 4 71 142です。それぞれを足してみます。
1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284
1+2+4+71+142=220
つまり、220の約数の和が284、284の約数の和が220。これを友愛数といいます。フェルマーやデカルトも一組しか見つけられなかったそうです。

次に小さい友愛数は1184と1210です。

この小説には、他にもいろいろ出てきます。約数を全部足すと自分自身になる数を完全数といいます。最小の完全数は1+2+3=6です。その次に小さいのは、1+2+4+7+14=28です。次は、496で、その次は、8128で、その次は、33550336で、その次は、8589869056です。
その完全数は連続した自然数の和でもあるんです。1+2+3=6
1+2+3+4+5+6+7=28
1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12+13+14+15+16+17+
18+19+20+21+22+23+24+25+26+27+28+29+30+31=496

以前に書いたこの本の紹介です。

80分しか記憶が保たない数学者の博士と家政婦とその息子の奇妙な3人の生活の話です。小川洋子の小説です。最近お気に入りです。

数学と小説なんて相容れないような感じがしますが、数式のたくさん出てくる小説です。素数とか完全数とか主に整数に関する数式が多いです。数字を文学的に美しく表現しているところがいいですね。

あと、野球ファンにもお勧めです。特に阪神ファンの人へ。野球も数字のスポーツと言われるぐらいたくさん数字が出てきて、数学者が興味を持つのも頷けますね。博士は阪神ファンですが、江夏がいたときから記憶が途絶えていますので、いまだに活躍してると思っているんですね。背番号は完全数の28です。

映画化されているんですね。知らなかった。
http://hakase-movie.com/

寺尾聡、深津絵里、という配役は、想像つかなかったですね。この映画のことを知ってからこの本読んだら、そういうイメージにひっぱられて、納得しちゃうんですけどね。知らなくて読んだので、少し違和感がありますね。う〜ん、誰だろう。私が想像するのは、博士は山崎努かな。家政婦は難しいなあ。原沙知絵かなあ。

映画では野球の部分はあまり出てこないようですね。

PR:博士の愛した数式 (新潮文庫)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>本
2009年09月12日

ロケットの値段

今回HTVを打上げたH2Bという新型ロケットなんですが、その開発費が262億円というからびっくりです。安い。一機の値段は普通です。
H2ロケットの開発費が2700億円、H2Aが1200億円です。ちなみにH2Bと同規模のアリアン5(欧州宇宙機関)の開発費が1兆500億円です。

H1ロケットは大部分米のデルタロケットのライセンス生産でしたので、H2から純国産です。だからお金がかかりました。7回打上げ5回成功です。2回連続失敗したので、完成していた7号機は打上げキャンセルです。最終打上は8号機。しかも一機190億円と割高でした。

H2で純国産にこだわり過ぎたので、外国製の安い製品の採用と部品点数の大幅削減を敢行して信頼性上げとコストダウンをしたのがH2Aなのです。15回打上げ14回成功とまずまずの成績ですね。打上費用は85億〜120億円です。現役です。

で、H2Bですが、H2Aと同じLE-7Aというエンジンを二基装備して直径を大きくし、固体ロケットブースターを4本にする、という方法で打上げ能力を1.4倍に向上させたのです。新規開発ではなく数を増やすという方法なので安上がりだったのですね。今回1機147億円ですが、次からは110億円の予定です。

HTVは総開発費680億円(初号機200億円を含む)で運用機は140億円だそうです。これは高いような気もしますね。次からは合計250億円ですけど。有人用HTVも作って欲しいです。

ソユーズは一機打上げ75億円、スペースシャトルは一回打上げ500億円です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>宇宙天文
2009年09月11日

HTV打上成功

HTVをのせたH2Bの発射に成功したようで、HTVは無事軌道にのりました。よく知らない人のためにこのビデオをどうぞ。妙に日本的な出だしです。
http://www.youtube.com/watch?v=rWOZRXiGyoE

スペースシャトルがISSに行くのに3日ほどかかるのですが、今回7日もかかるのにはびっくりしました。初めてなので、運用検証とか機能検証をして評価しながら近づくので時間がかかるんですかね。今回のHTVは技術実証機、H2Bは試験機となっています。

同じ高度で前方にISSを見つけても、同じ高度だと同じスピードなので追いつけません。そこで減速します。すると高度が下がりスピードが上がります。ISSの下方で追い抜いて前に出ます。そこで加速します。すると高度が上がりスピードを遅くしながらISSの下へ近づくわけです。けっこうややこしいです。

HTVのドッキングポートは、共通結合機構といい、ISSの組み立て結合の共通規格なんですね。だから、ISSの各ユニットは付け替えて違う配置にすることも可能なんです。実際にはしないと思いますけど。続きを読む
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>宇宙天文
2009年09月08日

サーバー引越

贅床サイトのレンタルサーバーを変えて引越しました。といってもアドレスが変わらないので、外部の人には分からないです。部屋の家具の配置換えですらないですね。データは同じなので。ロリポップが9月10日までに申し込むと初期費用半額というのにつられました。

作業は簡単でスムースに進みました。表紙はバリュードメインからの引越、中身はアサヒネットからの引越です。でも実は表紙は以前のアサヒネットのものを復活させました。リンクが相対パスになってますからね。中身もindexを絶対パスから相対パスに変更してアップロードするだけです。

メーリングリストをケンさんから引き継いで新装しました。これも設定は意外と簡単でしたね。

昨日、もうひとつの方のブログが、ウチにしてはアクセスが多いなと思ったら、地元のお祭りの記事が、「両社祭」でグーグルの1件目表示になっていました。なんで?
日曜日の夕方にアップした記事が月曜に1件目に踊り出るのが不思議です。69400件中ですけど。2件目のときもあるようです。
PageTop▲