2009年11月29日

苔盆栽

koke
苔盆栽という言葉があるかどうかは分からないのですが、苔だけの盆栽です。盆栽には苔が似合いますけどね。タモリ倶楽部の2008年5月17日の放送で、地味すぎて伝わらない趣味シリーズ「苔」というのをやっていました。簡単そうなのでマネしてみました。
超小型で浅型の鉢に土を入れ、そこら辺の苔を集めて貼付けただけです。ときどき雑草を抜くぐらいで、たいした手入れはしてないですが、ちゃんとした密度に育ちました。草は大きくなると抜くときに苔が剥がれるので、小さいうちに抜きます。これもよく見ると、小さい雑草の芽がたくさんありますね。風で種が飛んでくるのですかね。不思議です。


posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>ウチで
2009年11月25日

「完璧な病室」小川洋子

「完璧な病室」小川洋子表題のものと「揚羽蝶が壊れるとき」「冷めない紅茶」「ダイヴィング・プール」四編の短編集です。極初期のものらしいです。<再掲>

静かできれいな文章なのが有名なのですが、妙に生々しいというか、グロテスクですらあるんだけど、さりげなく書いてあるんですね。さながら、マクロレンズで撮った高細密画像とでもいえそうな感じです。

病気の弟と過ごした病室でのお話、妖怪御老人じゃなくて要介護老人を自宅から老人ホームへ移す話、同級生の葬式で出会ったK君との奇妙なつきあい、同じ孤児院にいる純の飛び込みを見ている話なんです。

で、部屋だったり、食べる行為だったり、肉体だったり、筋肉だったり、内臓だったり、台所だったり、老人の肌だったり、赤ん坊の太ももだったり、あらゆるものがこれでもかと精密描写で出てくるんですね。

わたしは、病院だとか精神病院、特養ホームとかに行く機会が多かったので、割と見慣れている光景ですから、他の人とは少し見方が違うかも知れないですね。手術の現場とかも何回も見ていますから。孤児院だけは行ったことがないんですけど。

小川洋子さん、川崎医大の秘書室に勤務していたんですね。
PR:完璧な病室 (中公文庫)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>本
2009年11月23日

スバル360

subaru360
奥沢7丁目、九品仏の近くで見つけました。そうとうきれいなスバル360ですね。ナンバーも昔の白いものです。私の実家の前の道路が狭くて、ずっと軽自動車でした。だから、古い軽自動車は懐かしい感じがして好きです。これもよく見ると、何気ないですが凝ったデザインですよね。前開きというか、ドアのヒンジが後ろ側についています。
実家の前の道路は今は広くなっています。

posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴車
2009年11月21日

はやぶさ

はやぶさの奇跡の復活というのが話題ですね。2003年5月に打上げられ、2005年11月にイトカワに着陸、ただいま地球へ帰還中で、2010年6月にカプセルをオーストラリアで回収予定です。

三つあるリアクションホイールが二つ故障、姿勢制御できないので化学エンジンを併用する方法に変えました。

燃料漏れで化学エンジンが不調になり、姿勢制御できなくなり、イオンエンジンの推進材のキセノンガスの直接噴射で姿勢制御する方法に変えました。

また燃料漏れしキセノンガスでも姿勢制御できず通信が途絶えました。三ヶ月後復活するも、電池にダメージがあり化学エンジンの燃料、酸化剤ともゼロになっていました。

キセノンガスの節約のため、太陽光圧を利用した姿勢制御法に切換えました。

イオンエンジンも不調が続き、四基のうち一つか二つしか動かない状態が多かったのですが、11月4日に全滅しました。11月11日にスラスタAの中和器とスラスタBのイオン源を組み合わせて帰還運用を再開しました。ニコイチですね。まさかの時のためにエンジン同士をケーブルで繋いでおいたのが幸いしたようです。

まさに満身創痍のはやぶさです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>宇宙天文
2009年11月19日

ボージョレ・ヌーボー

昔はボジョレー・ヌーボーと言っていたような気がするのですが、どっちが正しいの?グーグルではボージョレの方が多いみたいですけどね。今年はできがいいと言われています。でも毎年言っているんじゃ、と疑問に思って調べた人がいました。

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「50年に1度の出来栄え」

味の表現がインフレ状態ですね。今年のボージョレ・ヌーボーの値段はデフレみたいですけどね。
こういうの初物だからありがたいので、味をどうこういうものじゃないような気がしますが、私は一度も飲んだことがないです。

posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>ニュース
PageTop▲