2015年05月31日

次代夫堀公園

次代夫堀公園
世田谷区喜多見5丁目、多摩堤通り沿いにある次代夫堀公園で、世田谷の農村風景を再現した公園となっています。小泉次代夫という代官が造った堀にちなんだ名前で、民家園も併設されています。用水路は復元されたものですが、六郷用水の一部だったようですね。小川のある公園はけっこうあると思いますが、水田のある公園は珍しいですね。
田植えをしたばかりのようです。密度が低くあまり整列してないところがなかなかいいです。水辺の雑草も風情がありますね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴公園
2015年05月27日

小林稲荷神社(東矢口)

小林稲荷神社(東矢口)
大田区東矢口3丁目にある小林稲荷神社です。直線的な道路ではなく少し曲がっているのは旧道でしょうが、そういう道路に面しています。小林というのは名字かと思ったのですが、この辺りの旧村名でした。鎌倉時代創建らしいです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴神社仏閣
2015年05月26日

矢口ポンプ所排水樋管

矢口ポンプ所排水樋管
多摩川清掃工場の少し下流側に矢口ポンプ所があります。住所は大田区矢口3丁目です。そこの多摩川堤防に矢口ポンプ所排水樋管があります。何回も書いていますが、上が開放されていないので水門ではありません。矢口ポンプ所は下水道を森ヶ崎水再生センターに送る為の施設ですが、大雨のときはこちらの樋管から直接放流します。
昔の多摩川の支流の合流点だったようですね。ゆるくカーブしている下丸子との境の道路がその跡だと思われます。
タグ:多摩川
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴水門
2015年05月26日

「ねじの回転」恩田陸

恩田陸「ねじの回転」226事件を扱ったSFものだと、以前紹介した宮部みゆきの「蒲生邸事件」を思い出します。時間旅行者が傍観者的視点で226事件を見ているお話です。こちら恩田陸の「ねじの回転」は過去に積極的に介入して歴史を変えようというSFです。正確には改変した歴史を元に戻すという、「確定」する作業です。本格的なSFですが、本来のミステリ作家らしく、難しいSF的な用語を使わず、平易な日本語で表現しているのでSF嫌いの人でもすんなり読めるでしょうね。
余談ですが、下巻を先に買ってしまったので読み始められず、上巻を捜していたのですがなかなか見つかりませんでした。上下巻並んで売っているの発見して上巻だけ買いましたが、残った下巻の動向が気になりますね。
PR:ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫)
PR:ねじの回転―February moment (下) (集英社文庫)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>本
2015年05月23日

花の湯(田園調布南)

花の湯(田園調布南)
大田区田園調布南、多摩堤通り沿いにある花の湯で、最寄り駅は沼部で5分ぐらいです。かなり古いビル銭湯で上はアパートになっているようです。坂のない田園調布は庶民的な街です。看板の「花」の下が入口で、「湯」の下はコインランドリーになっています。サウナもあり設備は整っているようです。
花の湯(田園調布南)の煙突
裏にまわるとかなり高い煙突がありました。細身の枠付きタイプです。
花の湯(田園調布南)の窯場
薪で沸かしているようです。薪というより廃材ですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴銭湯
PageTop▲