2016年12月30日

天文年鑑2017

天文年鑑20172017年版天文年鑑を買いました。表紙は2016年3月9日インドネシアでの皆既日食のコロナです。2017年1月1日にうるう秒があります。午前8時59分59秒と9時ちょうどの間に1秒挿入されます。
2月26〜27日に南米からアフリカにかけて金環日食があります。8月22日にアメリカで皆既日食があります。オレゴン州からサウスカロライナ州にかけてアメリカを横断する地域で見られます。2月11日に半影月食がありますが日本では見られません。8月8日に部分月食があり、日本でも見られます。2時22分から4時18分です。日食月食2回づつです。
金星は3月までは宵の明星で1月12日が東方最大離角、2月17日が最大光度-4.6等、3月23日が内合で、4月からは明けの明星になります。4月30日が最大光度−4.5等、6月3日が西方最大離角で、年末には高度が低くなります。
火星は1月末から2月初めに金星の近くに見え、1等星ぐらいです。7月28日が合で、衝はありませんので2017年はオフシーズンです。2018年夏が大接近です。
木星は4月8日が衝で、春が見頃でおとめ座のスピカの近くで-2.5等ぐらいです。
土星は6月15日が衝で、夏が見頃で0等星ぐらいで、いて座とへびつかい座の境目あたりをうろうろしています。環の開きが大きいので双眼鏡でも見えますね。ティタンも見えます。12月26日には金星と1°ぐらいまで接近します。
1月3日のしぶんぎ座流星群の観測条件がよく期待できます。8月13日前後のペルセウス座流星群は条件が悪いです。11月18日のしし座流星群は条件最良で明るいものが多いです。12月14日のふたご座流星群も条件がよく数が期待できます。
PR:天文年鑑 2017年版
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>宇宙天文
2016年12月27日

イオンスタイル碑文谷

イオンスタイル碑文谷
ダイエー碑文谷店改めイオンスタイル碑文谷となってオープンしています。ボーリング場として計画された建物ですが、工事途中で商業施設に変更となり、1975年(昭和50年)ダイエー碑文谷店が開業しています。
2016年5月5日に閉店し、リニューアル工事のあと2016年12月18日から通常営業しています。まだ、1〜4階までの営業で、5〜7階は2017年春の予定です。
実はもう何回も行っているのですが、夜だったので写真撮らず、きょうはまだ明るいうちに行ったので撮影しました。夕方で天気悪いのでかなり暗いですけど。
食料品の品揃えは、以前より種類が多くなっていますね。野菜の売り場が少し狭くなっているのが残念です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴飲食店/店舗
2016年12月26日

豊潤稲荷神社(神田須田町)

豊潤稲荷神社(神田須田町)
千代田区神田須田町1丁目のメトロフロント神田(旧ハイツモントレ神田)の裏にある豊潤稲荷神社です。この辺りは神田市場があった場所ですが、関東大震災で焼けた為に秋葉原に移転しました。住民や市場関係者が区画整理で余った土地に建てたのがこのお稲荷さんです。1930年(昭和5年)建立です。2005年(平成17年)に集合住宅の建設の為、道路沿いの今の位置に社殿を移しています。鳥居は以前のをそのままで、正面右端のXの形の千木(ちぎ)は以前の建物のものです。あまり神社っぽくない建物ですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴神社仏閣
2016年12月23日

日本ペンクラブ本部

日本ペンクラブ本部
1935年に設立されたNGOで、言論表現出版の自由を擁護し文化の国際的交流を目的としている組織で、文筆業従事者が会員となっています。ロンドンに本部をもつ国際ペンの日本センターでもあります。初代会長は島崎藤村で、現在の会長は16代で、浅田次郎です。
2002年竣工の建物で、北川原温氏の設計、北野建設の施工で、中央区日本橋兜町にあります。筒状の建物だと縦長の窓になる必然性はあるのですが、ノアビルに似ていますね。表面は瓦タイルです。
PR:あさめし・ひるめし・ばんめし: アンチ・グルメ読本 (ちくま文庫)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>異形の建築物
2016年12月22日

さつま芋のソテー

さつま芋のソテー
単に輪切りにしてフライパンに菜種油を引いて焼いただけなのに、美味しいです。ぱらっと塩だけでいいですね。私は花藻塩を使っています。
おかずというよりはおやつですね。私は夜食によく食べます。焼き芋よりは短時間でできます。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴料理
PageTop▲