2017年08月18日

日本野球発祥の地

日本野球発祥の地
神保町駅近く、千代田区神田錦町3丁目にある学士会館の敷地一角に日本野球発祥の地の記念碑があります。東大の前身開成学校が創設された場所で、1872年(明治5年)アメリカ人教師ホーレス・ウィルソン氏が生徒達に野球を教えたそうです。翌1873年(明治6年)新校舎と運動場ができ、本格的な試合ができるまで成長しました。1876年(明治9年)初夏に京浜在住のアメリカ人チームと国際試合をした記録も残っています。
日本に野球を伝えたホーレス・ウィルソン氏の野球殿堂入りを記念して、2003年(平成15年)に設置されました。高さ約2.4mのブロンズ製です。
ちなみに、日本初のプロ野球チーム発祥の地は埠頭少年野球場です。
タグ:発祥の地
2017年08月14日

日本橋西河岸地蔵寺

日本橋西河岸地蔵寺
中央区八重洲1丁目のビルに囲まれた場所にあります。奥と左がパールホテル八重洲で、右が新呉服橋ビルでみずほ信託銀行の本店があります。外堀通りと永代通りの交差点から近いです。呉服橋交差点ですね。
1718年、ここ西河岸に「日限延命地蔵尊」を祀った地蔵堂として建てられ、「正徳院」と呼ばれていました。今のお堂は1977年(昭和52年)に建てられたものです。
中央区登録文化財である「板絵着色お千世の図額」が所蔵されています。日本橋芸者の物語である泉鏡花原作の「日本橋」の主人公お千世の板絵です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2017年08月13日

五十稲荷神社(神田小川町)

五十稲荷神社(神田小川町)
千代田区神田小川町3丁目で、靖国通りの一本南側の通りで、エスポートミズノの裏にあります。神保町駅と小川町駅の中間ぐらいです。大きな木が目印です。創建年不明ですが1600年頃からあり、安産のご利益があります。1700年頃から足利戸田家の屋敷となり屋敷神となります。足利では五と十のつく日に織物市が開かれていたことから、祭事や縁日も五十日でした。で、「ごとおいなり」と読みます。以前は栄寿稲荷大明神と称していて、こちらが正式名称ですね。
関東大震災以前は二百坪ぐらいと広い境内があったようですが区画整理で小さくなりました。隣でビルの建設工事をやっています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2017年08月11日

豊川稲荷神社(神田錦町)

豊川稲荷神社(神田錦町)
千代田区神田錦町2丁目、靖国通りから南へ行く一方通行の道路沿いにあります。東京電機大跡地を再開発している一角です。元赤坂の豊川稲荷から分祀したのだと思われますが、年代は分かりませんでした。以前は東京電機大の校舎の裏にありました。これは最近建替えられたもので、かなり小さくなっています。
隣は神田錦町二丁目町内会事務所で、神田祭りの神輿組紐を模したねじり煉瓦が特徴の近代的な建物です。2016年竣工で、豊川稲荷と組み合わせた設計のようです。稲荷と祭りと町会の密接な関係がよく分かりますね。
黒い扉は勝手口で、本来の入口は左側面なのですが、工事のフェンスがあるので見えません。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2017年08月10日

酔っ手羽

酔っ手羽
千代田区神田神保町1丁目、すずらん通りを歩いていると鳥居が目に入って思わず立ち止まったのですが、神社ではありませんでした。ずいぶん派手で細長い居酒屋ですね。24時間営業が特徴で、鶏料理だけでなく和食全般です。
ネットで見ると、居酒屋革命とか爆安居酒屋という枕詞がついています。ここ神保町店では1室だけ18名収容のカラオケルームがあります。飲み放題や手羽先食べ放題のコースもあります。まあ、若い人向きかな。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴飲食店/店舗
PageTop▲