2019年03月20日

築地市場解体

築地市場解体
築地大橋のたもとのカーブの部分から撮っているのですが、歩道がこちら側しかないので、こういう画面になってしまいます。築地市場で特徴的な円弧部分の屋根が見えていますけど、かなり解体が進んでいます。あの円弧部分の最外周は、かつて汐留駅から来た貨物列車が到着する場所だったのです。だから駅のホームのような形状なのです。その外側が船着き場です。で、円弧の中心部分に潮待ち茶屋があったのです。円弧の外側から中心へという合理的な商品の流れがあったのですね。貨物列車での搬入は1987年(昭和62年)までありました。銀座郵便局の横に踏切跡があります。
築地市場は、1935年(昭和10年)から2018年まで83年間使われてきました。当時としては先進的な設計だったのですね。だから83年も使えたわけです。下水管の直径は2.8mです。ちなみに豊洲市場は80cmです。豊洲は水をあまり流せない設計なので、悪臭とか粉塵の害が起こるのですね。
築地市場解体
こちらは、活魚の卸売棟ですかね。隅田川に近い場所です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴工事中
2019年03月19日

徳船稲荷神社(新川)

徳船稲荷神社(新川)
中央区新川2丁目にある徳船稲荷神社です。亀島川にかかる南高橋の新川側のたもとにあります。元々隅田川沿いにありましたが、1954年(昭和29年)中央大橋の工事のとき、こちらに遷座しました。江戸時代には新川に越前松平家の下屋敷があり、そこに小さな稲荷が祀られていました。御神体は徳川家の遊船の舳を切って彫られたものと伝えられています。
社殿の後ろ側が開けた空間になっているお稲荷さんは珍しいですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2019年03月17日

だし道楽

だし道楽
「だし道楽焼きあご入り」です。長崎で獲れるとびうおのことを地元では「あご」と呼びます。あごを焼いたものは最高級のだしがとれ、珍重されてきました。そのあごが一匹丸ごと入っています。上から覗くと顔が見えます。下の黒い部分は昆布です。鰹だしも入っています。
鍋物用に買ったのですが、うどん、炊き込み御飯、おでん、お吸い物等にも使えます。とびうおは脂肪が少ない魚ですので、上品な味です。余ったあごは、焼いてふりかけにすると美味しいそうです。
だし道楽自販機
自販機で売っています。港区新橋1丁目、昭和通り沿いの「リパーク新橋1丁目第3」で買いました。700円です。下の列は、宗田節入りです。卵かけ御飯にも使えると自販機に表示してありました。他に都内8か所の三井リパークに自販機があります。広島県江田島の二反田醤油の製造です。
タグ:自販機
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴物撮り
2019年03月16日

大林洋品店(高田)

大林洋品店(高田)
豊島区高田3丁目にある大林洋品店です。明治通り沿いにある豊島高田郵便局の横を少し入ったところです。都電荒川線学習院下駅からも近いです。
昭和な感じのお店ですが、営業しているかどうかはわかりません。植物やカーテンの色とか、2階の壁の縁取りとかもいいですし、看板の文字のやさしい感じがなかなかいいです。全体のバランスというか、醸し出す雰囲気がいいですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2019年03月15日

松の湯(西早稲田)

松の湯(西早稲田)
新宿区西早稲田1丁目にある松の湯です。早稲田通り沿いで西早稲田交差点近くで、東西線早稲田駅から5分ぐらいです。大正時代からある古い老舗銭湯です。リニューアルしていて、バイブラ、打たせ湯、サウナ、水風呂等設備は充実しています。タイル絵もあります。井戸水を利用しているのが特徴ですね。
増築部分はごく普通ですが、千鳥破風の大屋根が青くて美しいです。午前中に撮ったのでまだ開いていません。15時から25時までやっています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴銭湯
PageTop▲