2013年03月26日

オオイタビと玉電車庫跡

オオイタビ
オオイタビはつる性の植物で塀などに這わせて栽培されます。常緑で気根で壁面に固着します。撮影場所は大橋ジャンクション西側の壁面で、斜めの線で道路のスロープの角度が分かりますね。まだ数十センチの高さですが、壁面全部覆うのに30〜50年かかるらしいです。気の長い話です。
玉電車庫跡
大橋ジャンクションは玉川電鉄の大橋車庫跡(後に東急バス営業所)に建っているので、それが分かるように、電車のレールが一部敷設してあります。軌間は1372mmです。場所はクロスエアタワー駐車場入り口横の大橋ジャンクション敷地内です。ホームのような段差もありますが、電車の設置の予定はないそうです。
1907年(明治40年)に玉川電気鉄道玉川線、渋谷-玉川間が開通しています。1938年(昭和13年)玉電は東京横浜電鉄に合併され、1942年東京急行電鉄と名称が変更になり、東急玉川線となります。そして1969年(昭和44年)に廃止されました。新玉川線の開通は1977年(昭和52年)です。その間はバスしかなかったのですね。2000年(平成12年)8月6日から新玉川線は田園都市線に改称されています。同日から東急目蒲線が分割され一部が東急多摩川線となっています。
タグ:電車
【写真>散歩写真の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>散歩写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
PageTop▲