2015年08月18日

ヤマトシジミ

ヤマトシジミ
朝夕のベランダゴーヤの水やりのときに見ることが多い、ごく一般的なシジミチョウです。この仲間では小さい方の種で、前翅の長さが12〜15mmです。漢字だと「大和小灰蝶」です。読めないですね。ゴーヤの雄花です。翅の内側(上面)は、雌は全体に濃いグレー、雄は内側の方が水色になっていて縁がグレーです。これはちゃんと広げてくれなかったのですが、雌っぽいですね。食草はカタバミです。
【写真>┴昆虫の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴昆虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424385134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
PageTop▲