2017年04月14日

幸徳稲荷神社(神田小川町)

幸徳稲荷神社(神田小川町)
千代田区神田小川町2丁目にある幸徳稲荷神社です。最寄り駅は小川町です。山城の国淀の城主、稲葉丹後之守の江戸小石川中屋敷に祀られてあったもので、当時は鍛冶屋稲荷と称していました。小さい社ですが、由緒ある神社なのですね。明治以降は町の守護神となっています。1967年(昭和43年)に幸徳会館が造られ、その2階に社を移しました。震災後に西向きだった社を元の南向きに戻したようです。
コンパクトで現代的で狭い都会の実情にあったお稲荷さんですね。鳥居が木製で目立ちませんので、幟がないと神社とは分からないかもしれません。手水鉢は石で昔のままだと思われますが、賽銭箱は防犯の為に赤い郵便受けでした。車庫の横の赤いのは消火栓です。
八丁堀にある今村幸稲荷神社が少し似た形ですかね。神社のアイコンが目立っていますけど。
【写真>┴神社仏閣の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448996340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
PageTop▲