2017年08月13日

五十稲荷神社(神田小川町)

五十稲荷神社(神田小川町)
千代田区神田小川町3丁目で、靖国通りの一本南側の通りで、エスポートミズノの裏にあります。神保町駅と小川町駅の中間ぐらいです。大きな木が目印です。創建年不明ですが1600年頃からあり、安産のご利益があります。1700年頃から足利戸田家の屋敷となり屋敷神となります。足利では五と十のつく日に織物市が開かれていたことから、祭事や縁日も五十日でした。で、「ごとおいなり」と読みます。以前は栄寿稲荷大明神と称していて、こちらが正式名称ですね。
関東大震災以前は二百坪ぐらいと広い境内があったようですが区画整理で小さくなりました。隣でビルの建設工事をやっています。
【写真>┴神社仏閣の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲