2018年02月17日

メッセンジャー像

メッセンジャー像
中央区新川2丁目から佃1丁目へ、隅田川を渡る中央大橋を通る時、気になるものが見えますね。斜張橋の橋脚部分の上流側に立っている像です。セーヌ川と隅田川が友好河川を提携しているので、1993年中央大橋竣工当時のパリ市長であるシラク氏から贈られた、彫刻家オシップ・ザッキン作の「メッセンジャー」という彫像です。1937年の巴里万博に出品された作品を鋳造したもので、船を守るフランスの守護神を表しているそうです。隅田川を行き交う船を見守っているわけですが、上流側を向いているのでお尻側しか見えません。
上流側には永代橋とスカイツリーが見えますね。下流側の新川2丁目には「霊岸島水位観測所」が見えます。近くで見るまでオブジェだと思っていました。
【写真>┴オブジェ/像/記念碑/遺跡の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲