2018年04月10日

講武稲荷神社(外神田)

講武稲荷神社(外神田)
昌平橋近くで、総武線高架北側にちょっと入ったところにある講武稲荷神社です。住所は千代田区外神田1丁目で、秋葉原駅から3分ぐらいです。この辺り,昔は旅籠町という町名だったようです。右の工事中の場所は石丸電気本店があった所ですね。
幕末1854年、ここに講武所が設置されました。旗本・御家人とその子弟の為の武術の講習所です。1856年に、築地鉄砲洲に正式に開設されましたので、大貫伝兵衛がこの土地を払い下げてもらい、一角に、1857年に稲荷神社を建てました。この辺りは花街だったので、その守護神でもあったのですね。御神体は運慶作と伝えられています。
今の社殿は防災備蓄倉庫も兼ねているようです。火伏せの神ですからね。
タグ:神田の神社
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲