2018年04月14日

日比谷稲荷神社(八丁堀)

日比谷稲荷神社(八丁堀)
中央区八丁堀3丁目、亀島川沿いにある日比谷稲荷神社です。八丁堀駅から3分ぐらいです。1457年、日比谷の海岸に建立されました。今の日比谷公園内です。江戸城拡張工事で、稲荷の場所に日比谷御門を造ることになり、1606年に芝口に移転しました。今の新橋4丁目ですが、環二の工事のために2009年に、東新橋2丁目、JRガードそばに移転して、日比谷神社となっています。
芝口に移転した当時、海岸に祀られないと困るという人たちが、分祀してこの地に遷座しました。それでこの辺り、江戸時代には日比谷河岸と呼ばれていて、後側が日比谷町でした。右隣の建物は日比谷河岸ビルです。地名が変わっても、ビル名として残っているのです。
ちなみに、日比というのは、海苔の養殖に使う竹箒のような器具です。海苔ひびですね。
日比谷稲荷神社と日比谷神社が、それぞれ日比谷じゃない場所にある謎が解けました。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲