2019年01月24日

佃住吉神社晴海分社

佃住吉神社晴海分社
中央区佃1丁目にある住吉神社の晴海分社で、中央区晴海3丁目にあります。住吉神社は1646年創建ですが、こちらの晴海分社は1971年創建です。江戸初期には佃島しかなかったのですが、月島、勝どき、晴海、と埋立地が広がり、氏子も増えました。晴海町会ができた時に、この晴海分社を創りました。
社殿も小さくコンパクトな境内ですが、隙なくまとまった印象です。玉垣が立派なせいですかね。
後ろの建物が東京鰹節センターで、組合に加盟している商店なども入っています。鰹節問屋は江戸時代から住吉神社を守護神としてきました。神社建築では屋根の上に等間隔に木を並べるのですが、それを堅魚木といい、鰹節の形だといわれています。神社と鰹節というのは縁があるのですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲