2019年04月24日

芭蕉庵跡

芭蕉庵跡
日本橋に住んでいた松尾芭蕉が37歳の時ここ深川に移り住みました。小名木川の北側、江東区常盤1丁目です。「古池の句」はこちらで詠まれました。ここを起点として「奥の細道」など全国の旅に出ていたのですね。
芭蕉庵の場所は特定されてなかったのですが、1917年(大正6年)の大津波の時、石蛙が見つかり、ここだと推定されました。
芭蕉稲荷
元々稲荷があった場所で、今は芭蕉稲荷となっています。ただ、ここは狭いので、芭蕉記念館は別の場所にあります。
【写真>┴オブジェ/像/記念碑/遺跡の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲