2019年06月13日

天明三年銘石造道標

天明三年銘石造道標
品川区中延5丁目にある「天明三年銘石造道標」です。荏原町駅から少し南に行ったY字のところにあります。平間道と中延中通りの分岐点にあり、右うの木光明寺道、左池かみ道と刻まれています。1783年(天明3年)に建てられました。庚申堂の左の濃いグレーのものが道標です。
この庚申堂は、新田義興の首塚の跡地であるという説もありますが、定かではありません。新田義興は1358年、多摩川の矢口の渡しで殺されました。この庚申堂の創建年は不明ですが、庚申堂の多くは17世紀以降に建てられています。
【写真>┴地蔵尊/道標/庚申塔/道祖神の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲