2019年07月10日

品川古道 天保二年道標(中延)

品川古道 天保二年道標(中延)
品川区中延5丁目、荏原町駅入口の交差点にあります。変則的な六差路です。天明三年銘石造道標の200mぐらい南ですね。この道標の南側は北馬込2丁目で、大田区になり、区境です。
ガードパイプでがっちり守られています。
右側には「南・いけがみ道」、左側には「西・せんそく・おくさわ道」とあります。東海道の南品川宿から大井を通り、区境の道を通って中原街道に至る「品川道」と、平塚橋で中原街道から分岐して、中延を通り、馬込を経由して、新居宿に至る、通称「中通り」との交差点です。「品川道」は府中まで続いているようです。武蔵国の国府があった場所ですね。
天保2年は1832年です。
タグ:区境
【写真>┴地蔵尊/道標/庚申塔/道祖神の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲