2019年09月16日

イグノーベル賞2019

日本人受賞は13年連続です。

化学賞:標準的な5歳児の1日の唾液分泌量を計算した(日本の研究チーム)

医学賞:「ピザで病気と死を予防できることがある、だだしイタリアで地産地消した場合に限る」ことを示す証拠を集めた。(イタリアとオランダの研究チーム)

医学教育賞:動物の躾に使われる「クリッカートレーニング」を用いて、整形外科医をトレーニングした(米国の研究チーム)

解剖学賞:フランスの郵便配達人が裸の時と服を着た時の陰嚢の温度の非対称性を測定した(2007年のフランスの研究)

生物学賞:生きたゴキブリと死んだゴキブリでは磁性が異なることを発見した(シンガポール、中国、オーストラリア、ポーランド、米国、ブルガリアの研究者)

物理学賞:ウォンバットは、どのようにして、そしてなぜ、四角いフンをするのかを研究(トルコ、オランダ、ドイツの研究チーム)

心理学賞:ペンを口で押さえると笑顔をつくることができ、その笑顔でハッピーになるーーわけではないことを発見した(独ビュルツブルグ大学のフリッツ・シュトラック教授)

工学賞:乳児のオムツ換えマシンを発明した(イランの研究チーム)
このマシンは昨年米国で特許を取得した。

平和賞:痒いところを掻く快感を測定した(英国、サウジアラビア、シンガポール、米国の国際チーム)

経済学賞:どの国の紙幣が病原菌を運ぶのにもっとも効果的であるかを調べた(トルコ、オランダ、ドイツの研究)

賞金10兆ジンバブエドル(2015年に廃止されたが、0.1円相当)と60秒間の受賞スピーチ権が与えられる。そのスピーチは8歳の少女に「やめてください、つまらないです」と言われたら終了。

日本人の受賞は、明海大学保健医療学部の渡部茂教授が、北海道医療大学歯学部の助教授時代に同僚と共に研究した。30年前に被験者となった渡部氏の息子3人が登場して、当時の研究を実演して、会場は爆笑に包まれました。重さを測ったバナナを食べさせ、よく噛んでから吐き出させ、重さを測る。1日、500mlと推定されました。
【ノート>ニュースの最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲