2019年10月21日

近代ボウリング発祥の地

近代ボウリング発祥の地
近代ボウリング発祥の地の碑がありました。石碑ではなく金属とガラスの組み合わせです。スタジアム通り沿いで明治神宮球場とTEPIA先端技術館の境目にあります。TEPIAの敷地内なので、港区北青山2丁目です。神宮球場は新宿区霞ヶ丘町ですので区境ですね。
1952年(昭和27年)手動式20レーンの東京ボウリングセンターができました。従業員120名でした。1961年(昭和36年)に手動式にかわりオートマチックマシンが設置されました。1994年に記念碑が建立され、2010年に記念碑をリニューアルしました。
【写真>┴オブジェ/像/記念碑/遺跡の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲