2020年01月13日

井上勝像

井上勝像
日本鉄道の父といわれる井上勝の像が、東京駅丸の内側駅前広場の北端にあり、東京駅駅舎の方を向いています。最初に1914年に設置され、戦中の金属供出で撤去されましたが、1959年に再建されました。工事により場所は移動していますが、2017年に今の場所に落ち着きました。台座には、「正二位勲一等子爵井上勝君像」とあります。1843年山口県萩市生まれで、萩駅前にも銅像があります。
長州藩士の三男として生まれ、長州ファイブと呼ばれる人たちとロンドンに行き、鉱山技術、鉄道技術などを学び、明治新政府で鉄道事業の推進をしました。京都と東京をつなぐ路線として中山道で進めていましたが、難工事で東海道に変更し1889年(明治22年)に完成させました。碓氷峠も1888年に開通させています。
今の東北本線、青森までも1891年(明治24年)に開通させました。1896年(明治29年)汽車製造合資会社を設立し、機関車も国産化しました。
1910年(明治43年)に視察中のロンドンで亡くなりました。
お墓は、北品川の東海寺墓地にあり、鉄道記念物に指定されています。すぐ後ろを東海道新幹線が通っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲