2020年01月20日

CLTパーク晴海

CLTパーク晴海
中央区晴海3丁目、晴海通りが左に曲がるところの右にあります。中央がパビリオン棟で、左とその奥が展示棟です。昨年12月14日開業で、2020年秋までの期間限定の建物です。
隈研吾デザインで、三菱地所設計施工です。CLTというのは、杉やヒノキの板を繊維方向が直交するように積層接着した木材パネルのことです。パビリオン棟だけでなく、展示棟の外装内装も木材をふんだんに使った建物です。
CLTパーク晴海パビリオン棟内部
パビリオン棟は透明な屋根がありますが、横はスカスカで風通しのよい天井の高い空間です。折り紙を連想させるデザインだそうです。どういうイベントが行われるのか楽しみですね。
展示棟は2階建てで、グーグルラーニングセンター、コミュニティスペース、カフェなどがあります。この建物は、ここでの役目を終えると、分解してこの木材の生産地である岡山県の蒜山高原に移築されます。解体しやすい構造になっているのです。
国産材を使う建物が増えるといいですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>異形の建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲