2020年02月29日

堀ビル(新橋)

堀ビル(新橋)
港区新橋2丁目、外堀通りと赤レンガ通りの交差点にある堀ビルです。1890年(明治23年)に鍵と錠前、建築金物などを扱う堀商店が創業しました。塔屋のある2階建ての木造洋風建築でしたが、関東大震災で焼け、1932年(昭和7年)に再建されました。鉄筋コンクリート造4階建て、塔屋も付いています。公保敏雄と小林正紹の兄弟が設計し、安藤組が施工しました。小林正紹は国会議事堂設計チームの中心であり、神宮外苑の絵画館も設計しました。
この建物は東京都の選定歴史的建造物で、登録有形文化財でもあります。1階がショールーム、2階3階が事務所、4階が住居になっています。
角丸の建物で円形の階段がおしゃれですね。スクラッチタイルはイギリスから取り寄せたもので、レリーフなどの細かい細工も素晴らしいです。
この写真、奇跡的に人がひとりも写っていません。この場所としては珍しいです。長時間露光とかじゃないです。車道から撮っていますので。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲