2020年03月01日

安田眼科医院と倉田百三(南馬込)

安田眼科医院と倉田百三(南馬込)
大田区南馬込3丁目にある安田眼科医院です。環七の一本西側の通りです。明かり取りの窓が建物から飛び出していて、シャープな形状なので目立ちます。斬新なデザインの建物です。せり出している部分は少ないのですが、せり出し物件に分類します。
前に馬込文士村の看板があり、倉田百三がここに住んでいたのですね。1891年(明治24年)広島県庄原市生まれで、明石から大森新居宿をへて、1925年(大正14年)に、こちらに越してきて以来ほぼこの家で暮らしました。ギリシャ風円柱の玄関柱、藤棚、栗の木で造られた書斎のある洋館でした。1943年(昭和18年)この家で51歳で亡くなりました。若いときから肺結核を患っていたのですね。「出家とその弟子」が代表作です。
PR:出家とその弟子 (岩波文庫)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴せり出し物件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲