2020年03月26日

居残り連(北品川)

居残り連(北品川)
品川区北品川1丁目にある「居残り連」というイタリアンレストランです。八ツ山通り沿いで、旧東海道から坂を下ったところにあります。マルエツプチの向かいで、京急北品川駅から3分ぐらいです。
江戸古典落語「居残り佐平次」にも登場する老舗「うなぎ荒井家」が2004年(平成16年)に閉店した後、改装してイタリアンレストランになりました。銅板貼りの看板建築で、風情のある建物で、そのまま残したいという地元の人たちの協力でできたようですね。
「居残り佐平次」は、六代目三遊亭圓生の高座が評判が良いようです。遊郭の代金を払えず居残る話なのですが、品川遊郭は旧東海道のファミリーマート辺りにありました。土蔵相模跡という石碑があり、高級妓楼「相模屋」の事です。壁が土蔵造りだったのですね。
タグ:看板建築
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲