2020年03月31日

ミロのヴィーナスのある家(小山)

ミロのヴィーナスのある家(小山)
品川区小山5丁目、立会道路のすぐ裏の路地で発見しました。サミットの反対側ですね。玄関先にミロのヴィーナスが立っています。よく見るとわかるのですが、実は普通の家ではなく、絵画教室なのです。まあ、その目印ですね。
オリジナルは、パリのルーブル美術館にあり、高さ203cmの大理石製です。これは、少し小さいですかね。作者は、アンティオキアのアレクサンドロスで、紀元前130年から100年ぐらいの制作です。古代ギリシャ時代ですね。1820年にミロス島で発見されました。
腕を復元しようとした人もいるようですが、うまくいかなかったようです。リンゴを持っていたとも言われていますね。
立会道路の桜は、葉も出ていますが、まだ散ってなかったです。
PR:石膏像 N−003 ミロ島ヴィーナス全身像 H.87cm
【写真>┴オブジェ/像/記念碑/遺跡の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲