2020年04月28日

讃岐小白稲荷神社(浜松町)

讃岐小白稲荷神社(浜松町)
港区浜松町2丁目にある讃岐小白稲荷神社です。浜松町駅から3分ぐらいです。ビルに囲まれていて、左の建物は社務所です。讃岐稲荷と小白稲荷が合祀した神社で、鳥居は、左が讃岐稲荷で、右が小白稲荷と別れていますが、社殿はひとつです。
讃岐稲荷は、江戸時代文政の頃、高松藩松平家の下屋敷の邸内社として創建、白金台にありましたが、明治3年に陸海軍の火薬庫にするため、現在地に移転し、地域の稲荷となりました。
小白稲荷は、近くの芝湊町にあった、街の小さな稲荷社でしたが、関東大震災後の整備で、昭和13年に行われた区画整理で讃岐稲荷に合祀されました。
それぞれの鳥居に扁額があり、社殿には二つの扁額が少し離れて掲げられていて、本坪鈴も二つあります。二つの稲荷が合祀されていることが明確に分かるようになっています。両社譲らずだったのですかね。かなり珍しい形です。グーグルマップでは、讃岐稲荷神社、小白稲荷神社と個別に表記してあります。賽銭箱はひとつですけど。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲