2020年05月10日

亀塚稲荷と弥陀種子板碑(三田)

亀塚稲荷神社(三田)
港区三田4丁目、聖坂の途中にある亀塚稲荷神社です。クエート大使館の少し坂下で、「蟻鱒鳶ル」の向かいにあります。三田駅、田町駅から8分ぐらいです。
月の岬(当地)に住み着いた亀が大雨のあと、一夜にして石と化して、住民がこの亀石を祀ったのが始まりで、太田道灌が当地に物見台(燈台)を置いたとき、この祠を守護神として社を創建しました。聖坂を上りきったところにある亀塚公園内の亀塚の頂にあったのですが、1755年(宝暦4年)功運寺内に遷座しました。功運寺は1922年に中野区上高田に移転しています。御神体は亀の形をした石です。
社務所は、サンハイツ三田の中にあります。
弥陀種子板碑(三田)
狭い境内に「弥陀種子板碑」が5基あります。阿弥陀信仰に基づく供養石塔で秩父青石(緑泥片岩)製です。年代が確認できる3基は、鎌倉中期から南北朝前期のものです。弥陀を表す記号(種子)が上部に刻まれています。形状が薄いのが特徴ですね。
港区指定文化財です。
クエート大使館の向かいにあった旧東急アパートは、解体されました。再開発されるようです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲