2020年06月14日

中華丼

中華丼
三食、家で食べると麺と丼の比率が高くなりますね。簡単にできる丼の紹介です。まずキクラゲを戻しておきます。肉に酒と塩で下味をつけ片栗粉をまぶして炒めて取り出しておきます。適当な野菜を炒めます。今回はキャベツ、人参、玉ねぎ、ネギです。水とキクラゲを入れ煮ます。キクラゲがポイントで、これを入れるだけで中華丼ぽくなります。鶏がらスープの素、オイスターソース、醤油で味付けします。最後に肉を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、香り付けにごま油を少し入れます。簡単ですね。
野菜は、本当に何でもよくて、残り物処理で、三種類ぐらいあれば十分です。
実は、肉をあまり買わないので、冷蔵庫にある可能性が少なく、今回は乾燥タイプの大豆のお肉で、中華料理ではこれで十分ですね。保存性もよく、お湯で5分で戻ります。ちなみにキクラゲはぬるま湯で20分です。
PR:S&B 李錦記 オイスターソース 化学調味料無添加 255g×2本
【写真>┴料理の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲