2020年09月19日

イグノーベル賞2020

私のブログで最初に紹介したのは、2009年で2008年と2007年の分も合わせて記事にしました。当時はあまり話題にもならなかったのですが、日本人の受賞も続き、近年はマスコミでとりあげられることも増えましたね。日本人の受賞は14年連続です。

音響学賞:「ヘリウムを吸ったワニの鳴き声はどう変わるか」
京都大霊長類研究所の西村剛准教授らの日米スウェーデン合同チーム

心理学賞:「ナルシストを眉毛から判別する方法」
トロント大学のミランダ・ジャコミン氏ら

平和賞:「真夜中にピンポンダッシュするという嫌がらせの応酬を繰り広げたインド・パキスタンの外交官」

物理学賞:「高周波にさらされた時、生きているミミズの形態がどのように変化するか」
オーストラリアのスウィンバーン工科大学のイワン・S・マクシモフ氏ら

経済学賞:「国家間の国民所得差とマウス・トゥ・マウスのキスの平均量における関係性」
スコットランドやコロンビア、フランスなどの多国籍チーム

経営学賞:「殺し屋の多重下請け」
中国の殺し屋5名

材料科学賞:「『凍った人糞のナイフで肉を切っていた』というイヌイットの伝説の実証」
ウェイド・デイビス氏ら

昆虫学賞:「多くの昆虫学者が昆虫と定義されないクモを恐れているという証拠について」
リチャード・S・ベッター氏

医学賞:「他人の咀嚼音を聞くと苦痛を感じるという病状の診断」
オランダの研究者ら

医療教育賞:「政治家は科学者や医師よりも生死に多大な影響を与えられることの実証」
ブラジルのボルソナーロ大統領、イギリスのジョンソン大統領、インドのモディ首相、メキシコのオブラドール大統領、ベラルーシのルカシェンコ大統領、アメリカのトランプ大統領、トルコのエルドアン大統領、ロシアのプーチン大統領、トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領

賞金は10兆ジンバブエドル(現在は使えません。約4円)
【ノート>ニュースの最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲