2020年09月27日

カトリック築地教会

カトリック築地教会
中央区明石町、明石小学校の向かいにある「カトリック築地教会」です。1869年(明治2年)明石町は外国人居留地となり、1873年(明治7年)東京で最初のカトリック教会ができました。1878年(明治11年)煉瓦造りの聖堂が完成しましたが、関東大震災で焼失倒壊しました。1927年(昭和2年)に、当時の東京大司教ジャン・ピエール・レイの要望で、古代ギリシャのドーリア式神殿を模して、木造モルタル造で再建されました。石膏の聖ペテロ像は、震災以前のものが残っており、安置されています。
この建物は、東京都選定歴史的建造物、中央区民文化財に指定されています。
暁星学園発祥の地
門の前の歩道に「暁星学園発祥の地」の石碑があります。暁星学園は、1888年(明治21年)こちらの教会で設立され、同年麹町区元薗町に移転し、1990年(明治23年)麹町区富士見に移転しました。現在も千代田区富士見にあります。もちろんカトリック系の学校で、小学校からの男子校は珍しいです。
タグ:発祥の地
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲