2020年10月02日

首都高都心環状線(新富)

首都高都心環状線(新富)
首都高都心環状線の新富町出口をまたぐ三吉橋のたもとから見ています。奥のビル群の住所は中央区新富2丁目です。サビの見える屋根のようなものは、首都高の防音壁です。
三吉橋は、築地川と楓川の連絡運河を造りその上にY字型にかけられた橋で、1929年(昭和4年)竣工です。関東大震災の復興計画の一つです。川は1960年(昭和35年)に埋め立てられ、首都高になりました。
低地にある道路は、騒音が上に反響するので、防音壁が道路にかぶさるように湾曲して、屋根のようになっています。道路側は古さを感じさせないのですが、上はサビが目立ちますね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲