2020年10月29日

汐留川水門

汐留川水門
手前が港区海岸1丁目で竹芝桟橋の北側で、向こう側が中央区浜離宮庭園です。区境です。江戸城外堀の下流部分を汐留川と称して、中央区と港区の区境を流れていました。名前だけ残っている溜池もその一部です。埋立暗渠化され、地上に出ている部分は、浜離宮の北西側と南西側だけです。ここで隅田川に合流します。
汐留川水門は、複葉ローラーゲート14m1連、上空制限高+6.1mで、1969年(昭和44年)竣工です。緑色の門扉が見えています。高潮の被害を防ぐために設置されています。
鯨の尾のようなものは排水施設で、右端が浜離宮排水機場の建物です。浜離宮とは地続きではありません。
水門の向う側が、浜離宮恩賜庭園ですが、その奥に電通などの汐留の高層ビル群が見えています。
タグ:区境
【写真>┴水門/排水樋管の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴水門/排水樋管
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲