2020年11月01日

大川端芭蕉句碑

大川端芭蕉句碑
小名木川が隅田川に合流する場所の隅田川テラスに芭蕉の句碑があります。「しばの戸に ちゃをこの葉かく あらし哉」で1680年に詠まれた句です。ふと上を見ると松尾芭蕉がいました。銅像ですけど。上は、芭蕉庵史跡展望庭園です。住所は江東区常盤1丁目です。大川端というのは、隅田川の下流域を指しています。
松尾芭蕉は、1644年三重県伊賀生まれで、1675年に上京し、1680年から深川に住み、ここを起点に西方や東北へ旅をしたようです。1694年、大阪で亡くなっています。
【写真>┴オブジェ/像/記念碑/遺跡の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲