2019年06月05日

22%坂(大田区中央)

22%坂(大田区中央)
坂の写真というのは難しくて、だいたい坂に見えないことが多いです。これも22%というかなりな急坂なのですが、急には見えないです。歩行者用に手すり付きの階段があるので察して欲しいのですが。家のフェンスが階段状になっていますし。
大田区中央5丁目で発見した急坂なのですが、名前がないようです。登りきったところが中央6丁目で、さらに進むと太田神社の裏にでます。
ドーナツ坂とか呼ばれることもあるようですが、急坂は全てドーナツ坂ですよね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴坂/階段
2019年02月27日

昌平坂(区境)

昌平坂(区境)
湯島聖堂の東側の塀にそって、国道17号から外堀通りに下る坂を昌平坂といいます。1691年、徳川綱吉が上野にあった聖堂を湯島に移転し、この坂を昌平坂と命名しました。後の1797年、幕府直轄学校である「昌平坂学問所」ができました。
坂の上の方は両側が湯島1丁目ですが、坂の下の方は湯島1丁目と外神田2丁目の境目となります。で、坂の途中東側に湯島1丁目と外神田2丁目の境があるわけです。湯島は文京区、外神田は千代田区なので区境となります。住所表記のプレートの色が異なりますね。背中側が湯島聖堂です。
川や道路が区境の場所が多いですが、ビルとビルの間は珍しいです。
ついで情報ですが、ここの真下を千代田線が通っています。
タグ:区境
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴坂/階段
2019年02月25日

麻布狸穴町植木坂下から

麻布狸穴町植木坂下から
飯倉片町の交差点から外苑東通りを少し進んで右の2本目の坂道を降りたところです。背中側が麻布台3丁目で島崎藤村旧居跡の石碑とプレートがあります。目の前の私道の右側が麻布狸穴町です。植木坂は麻布台3丁目と麻布永坂町の間で、下り切ったところが右の集合住宅の側面です。
9年前に植木坂下からの写真を撮っていました。同じ位置から撮ろうとしたら建物が邪魔をしていたので少しずれた位置からの写真です。側面が煉瓦色で上が丸い緑色の屋根が特徴の建物を目標に撮っています。奥の大きい集合住宅も9年前にはありませんでした。最近急速に風景が変わっています。
すぐ向かいの外苑東通り沿いにある旧郵政省の建物も解体されるようで、工事用フェンスに囲まれています。フェンスに囲まれてから、あの建物の写真を撮っておけばよかったというのが最近多いです。
タグ:定点観測
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴坂/階段
2018年03月31日

桜坂(田園調布本町)

桜坂(田園調布本町)
福山雅治の歌でおなじみの桜坂です。環八と中原街道の交差点から、沼部駅方面へ向かう斜めの道で、旧中原街道です。途中から坂になり、切り通しで側道との段差があり、赤い桜橋が架かっている辺りが桜の名所です。その先へ進むとかつての丸子の渡しです。
住所は大田区田園調布本町で、田園調布と比べると庶民的な街です。私が昔お世話になったKさんの家も桜坂にあります。
ここを桜の季節に通るのは初めてですね。少し葉が出て散り始めています。
タクシー(桜と富士山)
桜と富士山という絵柄のタクシーを発見したので貼っておきます。太洋モータースで、田園調布南にある会社ですね。
PR:はつ恋/桜坂~福山雅治コレクション
タグ:
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴坂/階段
2016年08月18日

東雪谷5丁目の階段

東雪谷5丁目の階段
東急池上線石川台駅から希望ヶ丘商店街を進んで行った先にあります。大田区東雪谷5丁目です。呑川沿いは低く、荏原病院通りは高台でかなり高低差があります。急坂が多く、危険なので通行止になっている坂もあります。すぐ隣ですけど。
これだけ急だと階段にするしかないです。曲がった少し先まで階段で、その先は坂道です。こういう場所に家を建てるのは大変です。ラフターとか入らないしどうするんでしょうね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴坂/階段
PageTop▲