2020年10月11日

国蔵五柱稲荷(荏原)

国蔵五柱稲荷(荏原)
品川区荏原1丁目にある「國蔵五柱稲荷大明神」です。移転したばかりで、鳥居や社がまだ新しいです。「こくぞういつはしらいなり」と読みます。地元、荏原1丁目の守り神ですね。由来などはわかりませんでした。
両側は道路予定地で、そのために移転したようです。平塚橋の少し北の旧中原街道から分岐して、星薬科大学を横切り、桐ヶ谷通り方面までの道路です。
道路予定地(荏原)
お稲荷さんが元あった場所です。こういう細かく仕切られた道路予定地がまだ多いです。住宅街なので工事には時間がかかります。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2020年08月14日

宗導寺(目黒本町)

宗導寺(目黒本町)
目黒区目黒本町6丁目にある宗導寺で、浄土真宗本願寺派の寺院です。東急西小山駅から7分ぐらいです。住宅街にあり、二階建ての住宅に挟まれた平屋で、目立ちませんね。五色幕があるので、分かりますけど。
五色は、インドや中国では、白青黄赤黒ですが、日本の仏教では青白赤緑黄です。チベット仏教では逆順だそうです。ここでは両側に緑があり並びも少し違いますね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2020年07月03日

一行院千日谷会堂(南元町)

一行院千日谷会堂(南元町)
新宿区南元町にある浄土宗のお寺、一行院です。信濃町駅の南側で、1分ぐらいです。
慶長年間(1596年〜1615年)の創建で、正式には、永固山一行院千日寺で、別称が千日谷会堂です。
1962年(昭和37年)に完成した千日谷会堂は、宗派を問わず社葬クラスの葬儀もできることで知られていますが、老朽化のため建て替えられ、2017年(平成29年)7月に竣工しました。隈研吾氏設計で、ヒューリック施工です。
カーブしているのは、首都高4号新宿線の外苑出口です。かつてあった、仏舎利塔はなくなり、舎利殿(納骨堂)になっています。右の窓のない建物です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2020年07月02日

東長寺檀信徒会館文由閣(四谷)

東長寺檀信徒会館文由閣(四谷)
新宿区四谷4丁目にある東長寺の付属施設である檀信徒会館文由閣です。外苑西通りの大木戸坂下の交差点にあります。東長寺は、画面左の墓地の奥にあります。
4階建てで、裏側に周りが螺旋階段になっているエレベーター棟が建っていて各階が接続されています。1階が社務所、2階が斎場、3階が講堂、4階が納骨堂兼位牌堂です。
変わったデザインですが、あまり宗教臭くないですね。2015年(平成27年)竣工です。
地中の熱エネルギーを利用した冷暖房システムだそうです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2020年06月16日

御穂鹿嶋神社(芝)

御穂鹿嶋神社(芝)
港区芝4丁目にある御穂鹿嶋神社です。山手線からチラッと見えます。田町駅から5分、三田駅から2分ぐらいです。
御穂神社と鹿嶋神社のどちらも、本芝地区の鎮守で、本芝両社と言われていました。2004年(平成16年)に両社が合祀され、2006年(平成18年)に現在地に遷座し、新社殿ができました。
御穂神社の創建は、1525年(大永5年)で、御祭神は藤原藤房で、後醍醐天皇の側近です。鎌倉幕府倒幕運動で流罪になったりしています。
鹿嶋神社の創建は寛永年間(1624年〜1644年)と伝えられています。芝浜の当地に流れ着いた祠が、鹿島神宮境内の一社であると分かり持ち帰ったのですが、再び流れ着いたので、ここでお祀りすることになったそうです。
江戸時代まではここが海岸線でした。現在、隣の、三菱自動車工業の本社が入居していた、第一田町ビルが解体された為、日当たりが良くなっています。以前は午前しか日が射しませんでした。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
PageTop▲