2020年10月08日

中央食品水産部(築地)

中央食品水産部(築地)
中央区築地7丁目にある中央食品水産部です。魚の切り身など割烹材料と珍味を取り扱うお店です。
築地や銀座はこういう銅板建築がかなり残っていますね。現役の建物なのがいいです。看板建築や実際に四角の建物の場合が多いですが、こういう切妻屋根の建物は少ないですね。
銅板はこの面だけ、2階だけですけど。
タグ:銅板建築
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2020年10月04日

喜寿司(日本橋人形町)

喜寿司(日本橋人形町)
中央区日本橋人形町2丁目にある喜寿司で、老舗江戸前寿司のお店です。1923年(大正12年)創業で、江戸前寿司三大始祖と言われるお店の一つです。浅草の弁天山美家古寿司、銀座の二葉寿司、人形町の㐂寿司ですね。「㐂」は「喜」の旧字です。
元々は柳橋にあったのですが、1952年(昭和27年)芸者の置屋を改装したお店です。ここは以前花街だった場所で、隣の歯科多和田(廃業)は三河屋という待合でした。以前に紹介済みです。こちら
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2020年09月27日

カトリック築地教会

カトリック築地教会
中央区明石町、明石小学校の向かいにある「カトリック築地教会」です。1869年(明治2年)明石町は外国人居留地となり、1873年(明治7年)東京で最初のカトリック教会ができました。1878年(明治11年)煉瓦造りの聖堂が完成しましたが、関東大震災で焼失倒壊しました。1927年(昭和2年)に、当時の東京大司教ジャン・ピエール・レイの要望で、古代ギリシャのドーリア式神殿を模して、木造モルタル造で再建されました。石膏の聖ペテロ像は、震災以前のものが残っており、安置されています。
この建物は、東京都選定歴史的建造物、中央区民文化財に指定されています。
暁星学園発祥の地
門の前の歩道に「暁星学園発祥の地」の石碑があります。暁星学園は、1888年(明治21年)こちらの教会で設立され、同年麹町区元薗町に移転し、1990年(明治23年)麹町区富士見に移転しました。現在も千代田区富士見にあります。もちろんカトリック系の学校で、小学校からの男子校は珍しいです。
タグ:発祥の地
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2020年09月25日

鉄板焼黒沢(築地)

鉄板焼黒沢(築地)
中央区築地2丁目にある黒沢というフレンチスタイルの鉄板焼きのお店です。築80年の古民家を改装してレストランにしています。黒沢久雄氏がプロデュースのお店で、中には黒沢監督の写真が飾られ、彼の食卓をイメージしているそうです。朝からステーキを食べてたらしいですから。普通の民家っぽく「黒澤」という表札があります。
入母屋造の玄関の両脇に同じく入母屋造の二階建てが対称に構える構造になっています。屋根以外の細かい造作は左右で異なります。なかなか重厚な感じでいいですね。
鉄板焼黒沢(築地)
玄関付近のアップです。道路が狭いので正面からは撮りづらいです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2020年07月15日

武家屋敷門(赤坂)

武家屋敷門(赤坂)
港区赤坂4丁目にある山脇学園の敷地内にある武家屋敷門です。千葉県九十九里町の山脇学園の松籟荘内にあった武家屋敷門を2016年にこちらに移築しました。
現在の丸の内の東京中央郵便局の位置にあった幕府老中方屋敷の表門で、1862年(文久2年)の火災後、老中本多美濃守忠民が再建しました。
当時は左右120mに及ぶ長大な長屋門でしたが、両側が切り縮められ、門と左右番所のみが移築されました。千葉に移築してからこちらに再移築です。
国の重要文化財に指定されています。現在は山脇学園の門として使われています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
PageTop▲