2017年03月12日

オリンピック記念宿舎

オリンピック記念宿舎
代々木公園の原宿門を入って右の奥の方にあります。1964年の東京オリンピックのときに、元々、米軍将校家族の宿舎だったワシントンハイツが転用され、選手村が造られました。五輪後に公園になっていますが、オランダ選手宿舎が記念に残してあります。249棟あったワシントンハイツの木造住宅の内、唯一残ったものでもあります。
国立代々木競技場やNHKもワシントンハイツだった場所に建っています。その前は陸軍練兵場でした。日本で最初に飛行機が飛んだのも代々木公園なのです。詳しくはこちら
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴レトロ建築
2017年01月22日

東海大学代々木キャンパス2号館

東海大学代々木キャンパス2号館
前にも紹介しているのですが、別アングルで撮りました。X型の建物の90度違う方向からなのでほぼ同じ形ですけど。昔考えた近未来の感じで、レトロ感のある不思議な建物ですね。1958年竣工で、山田守設計です。渋谷区富ヶ谷2丁目にあります。
FM東京の前身であるFM東海の送信所がここにありました。1958年開局で、86.5MHzで翌年84.5MHzに変更、送信出力は1kWでした。実験局及び実用化試験局ですね。1963年には日本初のFMステレオ放送を実施しています。今も続いている「JET STREAM」は1967年に始まりました。郵政省に免許の更新を拒否されたりとかいろいろありましたが、1970年4月25日に廃局、4月26日にFM東京が開局しました。
FM東京は筆頭株主が東海大学で2番目が日本電波塔(東京タワー運営会社)です。少し上の方に移動しましたが、今も東京タワーから送信しています。
PR:SANSUI CDステレオシステム Bluetooth対応 SMS-800BT
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴レトロ建築
2017年01月11日

萩原邸(三宿)

萩原邸(三宿)
建築家フランク・ロイド・ライトの弟子である遠藤新の設計の木造二階建ての近代住宅で、1924年(大正13年)に建てられました。ライト建築の特徴が見られ、国の登録有形文化財と、世田谷区の地域風景資産に選定されています。
世田谷区三宿1丁目の静かな住宅街の路地の奥の方にあります。アメリカの郊外住宅風なのですかね。きちんと手入れされているからでしょうが、古くさい感じがしないのはさすがです。
前の帝国ホテルはフランク・ロイド・ライトと遠藤新の共同設計ですね。玄関部分だけが明治村に移築されています。
PR:フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴レトロ建築
2016年10月10日

閻魔堂(西馬込)

閻魔堂(西馬込)
大田区西馬込2丁目、第二京浜(国道1号)から少し入ったところ、馬込中学の近くにあります。普通の民家にしか見えませんね。〇〇寺閻魔堂とかはよくありますが、近くにお寺はありません。ただ、裏に墓地があります。
で、調べてみたら、河原氏の個人墓地で、「無縁霊位」の石碑もあります。この辺りに塚越横穴墓群という古墳があったのですが、第二京浜の工事の時、よく調査もされず破壊されたので、人骨を集め供養した石碑で、1940年(昭和15年)に建てられました。
第二京浜は1940年の幻の東京オリンピックの為の強引な工事で造られたようです。
閻魔堂について、由来などは分かりませんでしたが、裏の墓地とは関係あるでしょうね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴レトロ建築
2016年10月06日

スタジオクラシック(旧加藤歯科)

スタジオクラシック(旧加藤歯科)
大田区山王3丁目、池上通り沿いにあるハウススタジオです。池上通り拡張のとき、加藤歯科医院の建替えとして、1931年(昭和6年)に建築されました。昭和初期に流行したスパニッシュ風の屋根が特徴の木造2階建てです。その後高橋診療所になりましたが、今はスタジオです。国選定登録有形文化財に登録されています。
1964年(昭和39年)に改築されているようですが、玄関ポーチや旧診療室、スペイン瓦の屋根などはそのままのようです。縦長の上げ下げ窓も雰囲気がありますね。
タグ:醫院
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>┴レトロ建築
PageTop▲