2017年05月31日

浜離宮前踏切

浜離宮前踏切
貨物駅だった国鉄の汐留駅と中央卸売市場を結ぶ引込線の踏切があった場所に鉄道踏切信号機が保存してあります。中央区銀座8丁目の銀座郵便局のすぐ南で、この道を進むと築地市場青果門の向かいに出ます。
この踏切は1931年(昭和6年)から1987年(昭和62年)まで使われていました。汐留駅が廃止されたのは1986年(昭和61年)です。
2015年07月13日

津田山第一踏切

津田山第一踏切
南武線の津田山駅のすぐ西側にある踏切で、左に駅舎と改札が見えています。住所は川崎市高津区下作延6丁目です。観音様が見守る踏切です。実は駅の向かいが石材店なのです。
踏切を渡って左側は下作延小学校ですが、この道をずっと進むと緑ケ丘霊園があります。山全体が霊園になっています。道の途中、石材店も並んでいます。ここだけでなく、南武線沿線は石材店が多いですね。
2015年04月24日

隅田川駅

隅田川駅
聞き慣れない名前だと思いますが、荒川区南千住4丁目にあるJRの貨物駅で、常磐線、つくばエクスプレス、地下鉄日比谷線の南千住駅の南側にあります。東北上越方面へのターミナル駅で、東京の二大貨物駅のひとつです。1896年(明治29年)の開業当時は日本鉄道という私鉄の駅で、1906年(明治39年)に国有化されました。かつては隅田川から引いた水路で貨物を運んでいたようですが、今は埋め立てられています。様々な電気機関車が見られるので、鉄ちゃんにはうれしい場所でしょうね。
2015年04月19日

桐ケ谷駅跡

桐ケ谷駅跡
東急池上線が国道一号(第二京浜)をくぐる場所のすぐ東側に桐ケ谷駅がありました。大崎広小路と戸越銀座の間の駅で、住所は品川区西五反田8丁目と大崎4丁目の間です。1927年(昭和2年)開業で、当時は池上電気鉄道でした。1945年(昭和20年)の大空襲で被害を受け、戦後も営業を再開せず、1953年(昭和28年)に正式に廃止されました。
池上線が都営地下鉄に乗り入れる計画(東急泉岳寺線)がありその接続点の駅として復活する可能性もあったのですが、建設が見送られ復活しませんでした。
島式のホームがあったのですが、今は線路が中央を通っているので左右に余裕があります。右の黄色い花が二段になっているところがホームに渡る橋の架かっていた場所だと思われます。
2015年04月07日

川崎新町駅

川崎新町駅
川崎市川崎区渡田山王町にある南武線川崎新町駅です。尻手行きが行ったばかりで20分以上待たされ、暇なので写真を撮りました。正確には南部支線ですが浜川崎支線ともいい、尻手、四条畷、川崎新町、浜川崎の四駅だけの短い路線です。当然、本数も少ないですね。尻手で南武線、四条畷で京急線、浜川崎で鶴見線に乗換ができます。JRの特定都区市内制度では横浜市扱いです。
自動改札機はなく、Suicaをタッチする端末が置いてあります。ホームに桜の木があるのが有名ですね。もう散りかけでしたが。県立川崎高校の最寄り駅です。
PageTop▲