2019年04月07日

三沢川水門

三沢川水門
三沢川が多摩川に合流する地点にある三沢川水門です。住所は川崎市多摩区布田で、手前の道は多摩沿線道路です。幅13mのローラーゲート式で、1974年(昭和49年)竣工です。多摩川増水時の逆流を防ぐのが目的の水門です。操作室が左右に分かれている水門は珍しいですね。
三沢川は川崎市麻生区黒川付近が源流で、9.9kmほどの川です。新旧三沢川と二ヶ領用水が交錯していて、複雑な流れになっています。
タグ:多摩川
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴水門/排水樋管
2019年04月04日

佃水門

佃水門
佃月島勝どきと晴海の間の朝潮運河と隅田川派川の接続点にある佃水門です。手前が中央区佃3丁目、先が晴海1丁目で、朝潮大橋の上から撮っています。
複葉ローラーゲート、幅11.4m2連、高さ6.6mで、1963年(昭和38年)竣工です。すぐ奥に港湾局の宿舎が見えます。防災サブセンターがあってすぐ対応できるようになっています。「高潮から都民の生活・財産を守ります」と表示してあります。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴水門/排水樋管
2019年04月02日

大島川水門

大島川水門
隅田川と大島川の接続点にある大島川水門です。手前が江東区永代1丁目で、向かいが越中島1丁目で、右が隅田川です。鋼製単葉ローラーゲートで、11m2連で、高さ7,5mです。1958年(昭和33年)竣工で、2016年に耐震工事が完了しています。最近はグレーが多いようです。門扉は様々な色がありますけど。
手前のコンクリート製の物体が気になりますね。寸断されている隅田川テラス(川沿いの遊歩道)をつなぐための人道橋を造るようで、その橋脚部分です。
他に月島川水門、竪川水門(両国)にも人道橋が造られます。オリンピックに合わせた計画のようですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴水門/排水樋管
2019年03月25日

住吉水門(佃)

住吉水門(佃)
中央区佃1丁目にある住吉水門です。隅田川沿いにある住吉神社の鳥居のすぐ上流側にある水門で、佃川支川と隅田川の接続点にあります。幅4mの鋼製単葉ローラーゲートで門扉高さは5.75mです。1965年(昭和40年)竣工で、2016年に耐震化工事が終了しました。
現在、ゲートは開いていますが、水は堰き止められているので船の通行はできません。
佃川支川(工事中)
佃小橋の上から見た佃川支川です。水を抜いて工事中ですね。突き当りを左折すると住吉水門で、角が住吉神社です。右の少し高い部分に、柱と抱木(だきぎ)が埋設されています。住吉神社の例祭(佃祭)の3年に一度の本祭の時に立てる、大幟の柱とその土台となる抱木です。1798年から同じものが使われていて、3年に一度掘り出すわけです。腐食を防ぐために埋められています。次回本祭は2021年8月です。
佃川は月島と佃の間を流れる川でしたが、佃大橋を造る時に埋め立てられ、支川のみが残り、堀割りになりました。佃堀ともいいます。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴水門/排水樋管
2019年02月17日

浜前水門(勝どき)

浜前水門(勝どき)
中央区勝どき3丁目と5丁目の間の新月島川と隅田川の境にある浜前水門です。水門で見えませんが、すぐ奥に築地大橋があります。
1964年(昭和39年)竣工、有効幅員8.4m×1連、単葉ローラーゲート式水門です。上に操作室がないタイプです。
水門のすぐそばに浜前橋があるので、間近で見られます。水門の内側すぐに、勝どきマリーナがあり、テラス席もあるカフェが併設されています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴水門/排水樋管
PageTop▲