2020年08月26日

目黒川起点(三宿)

目黒川起点(三宿)
烏山川と北沢川の合流地点で、ここから目黒川となります。暗渠化されているので、すべて緑道となります。ここの住所は、世田谷区三宿2丁目です。目黒川は、玉川通りの大橋まで暗渠です。
北烏山の高源院の弁財天堂の池が源流の烏山川、上北沢の松沢病院付近が源流の北沢川ともすべて暗渠化されています。平成になってから緑道化が進められ、ほとんど緑道となっています。烏山川緑道の方がくねくねしていますね。どちらの緑道も、落合水再生センターの高度処理水を流す人工の小川が流れています。大橋付近で目黒川に放流しています。
タグ:目黒川
2020年08月24日

葦毛塚(五本木)

葦毛塚(五本木)
以前に紹介済みなのですが、写真と記事を差し替えます。一見ロータリー風なのですが、道路中央に葦毛塚というものがあって、道路が左右に分かれているのです。
右側が目黒区五本木1丁目で、葦毛塚もその住所になり、左側は世田谷区下馬5丁目ですので、区境ですね。
源頼朝の葦毛の馬がここで何かに驚いて沢に落ちて死んだという説と、鎌倉時代の領主、北条左近太郎が仏経をもって出かけたのですがその葦毛の馬が突然倒れてここに埋めたという説があるそうです。ここら辺は昔から馬の放牧場だったらしいです。上馬、下馬という地名からも分かります。もともとは馬引沢村という地名だったようです。
葦毛塚の碑自体は1969年に建てられたものです。写真では碑は小さくて分かりづらいですけど。
タグ:区境
2020年08月10日

セクシーロボット | 空山基

セクシーロボット | 空山基
渋谷区宇田川町にある渋谷パルコ前のスペイン坂広場にある「セクシーロボット」で空山基さんの作品です。
7月に4階パルコミュージアムトーキョーで開催されたグループ展「GLOBAL POP UNDERGROUND」に合わせて設置されました。高さ7mあります。
空山基さんは初代アイボのデザインをしたことでも有名ですね。
2020年08月08日

渋谷の方位磁針 | ハチの宇宙

渋谷の方位磁針 | ハチの宇宙
渋谷区渋谷1丁目、宮下公園にあります。最近、ミヤシタパークという名称になりました。宮下公園の跡地にできたミヤシタパークの屋上庭園は宮下公園なのか?という疑問がちょっとあります。
鈴木康広さんの作品で「渋谷の方位磁針 | ハチの宇宙」というタイトルのパブリックアートです。白いいびつな形のテーブル状の物は渋谷区の形で、その中央にハチ公が座っています。丸いのは方位磁石のガワで、手前が吊り環ですね。これ、座れるアート作品なのですが、しばらく見ていたけど、誰も座りませんでした。ハチ公だけです。
屋上のベンチはたくさんあるのですが、全部同じデザインで、無機質な金属製です。これはちょっと残念なところですね。雨の後、拭かなくても座れそうなのはいいですが。アート作品である必要はないけれど、いろいろなデザインのものがいいです。
タグ:屋上 公園
2020年08月06日

青木昆陽墓(下目黒)

青木昆陽墓(下目黒)
江戸中期の儒学者、蘭学者の青木昆陽のお墓です。竜泉寺(目黒不動)の少し離れた墓地にあり、山手通り方面から階段を上った所で、住所は目黒区下目黒3丁目です。国指定史跡です。大鳥神社の付近に別邸があり、晩年はこちらで過ごしました。
墓石には「甘薯先生墓」と刻んであり、本人の書です。
サツマイモの普及が有名ですね。徳川吉宗に命じられ、飢饉のときの救荒作物として薩摩藩では知られていたものを、小石川薬園などで試作し、関東から全国へと栽培方法を普及させました。天明の大飢饉では多くの人々の命を救っています。
毎年10月28日の縁日には、目黒不動で「甘藷まつり」が開かれ賑わいます。
PageTop▲