2019年08月16日

北町奉行所跡

北町奉行所跡
東京駅八重洲口の北方、外堀通りと永代通りが交わる呉服橋交差点に鉄鋼ビルがあるのですが、その裏、丸の内トラストタワーN館との間に、北町奉行所跡があります。北町奉行所の下水溝跡で、本来、3〜4段の石積みの、最下段のみ発見されました。N館の位置にあったのですが、ビルの間に移動しています。溝の角石が切り取ってあるのは、邪鬼が侵入する鬼門である丑寅の方角を防護する呪術的な意味があるらしいです。
住所は千代田区丸の内1丁目ですが、江戸時代には呉服橋門内と呼ばれ、1806年(文化3年)から幕末まで、北町奉行所がありました。北町奉行は、有楽町駅前にあった南町奉行とともに、町人地の行政、司法、警察の職務を担っていました。町奉行、寺社奉行、勘定奉行が幕府の三奉行ですね。
1840〜43年(天保11〜14年)、遠山左衛門尉景元が当所で執務をしていました。遠山の金さんのモデルだった人ですね。刺青と裁判上手だったのは事実のようです。
PR:遠山の金さん(上巻)
2019年08月15日

浜口首相遭難現場

浜口首相遭難現場
1930年(昭和5年)11月14日、浜口雄幸首相が岡山県で行われる陸軍の演習の視察のために、神戸行き特急「燕」に乗車するべく東京駅を訪れたのですが、第4ホームを移動中、至近距離から狙撃されました。一命を取り留めましたが、翌年の夏に亡くなりました。ライオン宰相と呼ばれ人気のある人で、軍拡から軍縮に転換し、その財源で国民負担を軽減する施策を提言していたのですがね。
その場所がマーキングしてあるのが、東京駅構内の中央通路、新幹線への改札へ上る階段の手前です。
浜口首相遭難現場のプレート
奥の丸い柱に説明のあるプレートが設置してあります。
原首相も東京駅で暗殺されたのですが、別の機会に紹介します。
2019年08月11日

林業研究発祥の地の碑

林業研究発祥の地の碑
品川区と目黒区にまたがる林試の森公園の中にある林業研究発祥の地の碑です。林業試験場は、1878年(明治11年)に北区西ケ原にできた樹木試験所が始まりで、1900年(明治33年)に山林局目黒試験苗園としてこちらに移転しました。1905年(明治38年)に山林局林業試験所、1910年(明治43年)に山林局林業試験場と改称されました。
林野庁林業試験場は1978年(昭和53年)につくば市に移転し、独立行政法人森林総合研究所になっています。跡地は、1989年(平成元年)都立の林試の森公園として一般に開放されました。12haあります。
林試の森公園の南側は今でも公務員住宅がたくさんあります。私の母方の祖父が営林署の署長などをしていた関係で、親戚に武蔵小山に一時住んだことのある人が多いのです。農林省関連の官舎もあったのでしょうね。私が住んでいるのは偶然なのですけど。
タグ:発祥の地
2019年08月09日

レリーフ

レリーフ
入三通りと第一京浜交差点にあるビルの壁面で発見しました。大田区大森北3丁目で、吉野家平和島店が入居しているビルです。
女神っぽい上半身のレリーフですが、周りの状況が女神に似つかわしくない感じですね。室外機に囲まれています。
レリーフのアップ
アップにすると芸術品に見えますかね。頭の上に上を向いた男性の顔があるようにも見えます。元となっているレリーフとか彫像とか絵画があるかどうかは分かりませんでした。
2019年08月06日

ラジオ体操会発祥の地

ラジオ体操会発祥の地
千代田区神田佐久間町3丁目、佐久間公園内に「ラジオ体操会発祥の地」の記念碑があります。総武線のすぐ南側で、秋葉原駅と浅草橋駅から6分ぐらいです。
1928年(昭和3年)に簡易保険局が、国民の健康増進のための国民保険体操として制定したものですが、その年の12月にラジオ放送を始めました。1930年(昭和5年)7月、万世橋警察署の面高巡査が町内会の人とともに、「早起きラジオ体操会」を始めたのが起源だそうです。他に神田和泉町の宮川広場という説や、文京区大塚の大塚公園という説もあります。
この佐久間公園内に草分稲荷神社もあります。
タグ:発祥の地
PageTop▲