2018年02月17日

メッセンジャー像

メッセンジャー像
中央区新川2丁目から佃1丁目へ、隅田川を渡る中央大橋を通る時、気になるものが見えますね。斜張橋の橋脚部分の上流側に立っている像です。セーヌ川と隅田川が友好河川を提携しているので、1993年中央大橋竣工当時のパリ市長であるシラク氏から贈られた、彫刻家オシップ・ザッキン作の「メッセンジャー」という彫像です。1937年の巴里万博に出品された作品を鋳造したもので、船を守るフランスの守護神を表しているそうです。隅田川を行き交う船を見守っているわけですが、上流側を向いているのでお尻側しか見えません。
上流側には永代橋とスカイツリーが見えますね。下流側の新川2丁目には「霊岸島水位観測所」が見えます。近くで見るまでオブジェだと思っていました。
2018年02月05日

伊藤学園の門

伊藤学園の門
品川区大井5丁目にある品川区立の小中一貫校の伊藤学園です。滝王子通りから少し入ったところにあります。品川区立原小学校と品川区立伊藤中学校を一体化して、2007年に開校しました。伊藤中学校の出身者では、郷ひろみと真田広之が有名ですね。
この門柱と門扉は昭和25年に伊藤博文公宅から譲り受けたものです。プール移設により、当初の位置からは移動しています。旧宅は赤坂離宮の元会食所を移築したもので大井3丁目に平成10年までありました。別邸の一部が萩市に移築されていますが、現在建物は残っていません。
伊藤博文墓所は西大井6丁目にあります。墓所の近くは昭和39年まで大井伊藤町という名前でした。
伊藤博文は山口県光市出身ということになっていますが、私が光に住んでいた頃は熊毛郡大和村出身ということだったので、ちょっと違和感がありますね。平成16年に合併したのです。
2018年01月20日

虎ノ門遺跡の碑

虎ノ門遺跡の碑裏
桜田通りと外堀通りの交差点、銀座線虎ノ門駅8番出口を出たところにあります。住所は港区虎ノ門1丁目です。都心の千代田区中央区港区などには、門や橋がつく地名が多いのですが、江戸の町の特徴ですね。
江戸初期の江戸城増築のときに配置された内外の36城門のひとつです。実際に虎之御門のあった場所は、文科省の横あたりなのですが、住所が霞ヶ関3丁目になるので、こちらに建てられたようです。実際の門の石はひとかけらも残されていないので、地元の有志が昭和27年、町名変更3周年記念にあたってこの碑を建て、史跡保存の気持ちを表しているということです。上の写真は碑裏なので、虎はお尻を向けています。
虎ノ門遺跡の碑
歩道側に碑文が書いてあります。
ここの交差点の下を日比谷線も通っているのですが、駅はありません。300mほど南の環二との交差点に新虎ノ門駅を造っています。オリンピックまでには完成するようです。
2017年12月28日

京橋の親柱

京橋の親柱
有名な橋ですが、1959年(昭和34年)に京橋川が埋められたので撤去されました。親柱だけが残されています。1922年(大正11年)に架けられたものです。中央通り(国道15号)と交差する東京高速道路の高架下にあります。中央区銀座1丁目です。照明設備のついた親柱です。
築地警察署銀座一丁目交番
道路の反対側にある、築地警察署銀座一丁目交番は、この親柱を模したデザインです。
明治8年に架けられた橋の親柱も残っていますが、紹介はまたの機会に。2本残っているのですが、1本しか撮ってなかったので。大正の親柱は1本だけです。
2017年12月20日

銀巴里跡

銀巴里跡(モンブラン銀座本店)
中央区銀座7丁目、中央通り沿いにあるモンブラン銀座本店の横に碑があります。1951年(昭和26年)から1990年(平成2年)まで、この地に「銀巴里」という日本初のシャンソン喫茶がありました。ここ出身の歌手として一番有名なのは美輪明宏でしょうね。1952年、ここで歌手デビューしたときは17歳でした。39年間ずっと歌ってますね。その当時、お客さんとして来ていたのが、岡本太郎、江戸川乱歩、三島由紀夫、川腹康成、遠藤周作、などで、他にもそうそうたる人たちがいたようです。
出演していた歌手では他に、戸川昌子、金子由香利、長谷川きよし等がいます。さよならコンサートが行われて閉店したのが12月29日で、この日はシャンソンの日とされています。
銀巴里跡の碑
平成まであったのに、もう碑があるのにはびっくりしますね。
PR:美輪明宏リサイタル”愛” 3 愛しの銀巴里~’93秋パルコ劇場~ [DVD]
PageTop▲