2017年01月07日

延命地蔵(梅丘)

延命地蔵(梅丘)
小田急梅ヶ丘駅南口にある梅丘延命地蔵堂で、2004年(平成16年)に再建されました。住所は世田谷区梅丘1丁目です。
延命地蔵が建立されたのは1951年(昭和26年)で、梅ヶ丘踏切で子供の死亡事故が多くなったので、その供養と無事を願って建てられました。同じ南口で30mほど西のマクドナルドの隣の辺りにありました。駅の工事中は豪徳寺境内に移されていましたが、工事終了後、今の位置に新しく御堂が建てられました。そばに枝垂れ梅があります。まだ蕾です。
2016年07月30日

五本木庚申塔群

五本木庚申塔群
目黒区五本木2丁目、聖パウロ教会の隣、目黒区立守屋図書館の裏にあります。1686年から1810年にかけて建てられたもので、保存状態がよく、最初からこの場所に建っていたようです。目黒区指定有形文化財です。
江戸時代中期から盛んになった庚申信仰は、60日に一度の庚申の日に青面金剛の掛け軸などをまつり、会食懇談しながら徹夜する民間信仰で、これを18回終えて供養として建立したのが庚申塔です。
この庚申塔群の前のS字にカーブした道は、鎌倉に通じる鎌倉道という古道ですね。
2016年05月12日

馬頭観音(経堂)

馬頭観音(経堂)
世田谷区経堂1丁目、小田急線高架そばのタバコ屋の前にあります。馬頭観音は六観音のひとつで、これは3面6臂のもので、悪魔や煩悩に打勝つ力があるとされています。道標でもあり、南ふたこ道、西ふちう道、北たかいど道と書いてあります。この前の道は滝坂農道で、牛車や大八車を通す為の滝坂道のバイパスだったのです。
2016年05月10日

北向き地蔵(上北沢)

北向き地蔵(上北沢)
世田谷区上北沢1丁目、七辻にある桜上水交番から南西に少し行ったところにあります。2m以上とかなり大きいお地蔵様です。広い敷地の中にぽつんとあるのも東京では珍しいですね。田舎ではあると思いますけど。1760年ぐらいの建立らしいです。
2016年05月06日

竹ノ下地蔵(豪徳寺)

竹ノ下地蔵(豪徳寺)
世田谷区豪徳寺1-1-1にあります。滝坂道が直角に曲がるところの道標の役目があります。梅丘2丁目と3丁目の間の道が豪徳寺1丁目に当たるところでも直角に曲がっているので、まあクランク状になっているわけです。豪徳寺の南に世田谷城があり、防衛上の目的でそうなっていると思われます。
滝坂道は青山から府中に至る道で、甲州街道ができる前は幹線道路だったようです。
世田谷は旧道がそのまま残っているところが多く、狭くてくねくねしていて、お地蔵様や古い道標が残っていますね。
PageTop▲