2018年02月25日

共同溝展示館

共同溝展示館
江東区有明3丁目、夢の大橋たもとにある共同溝展示館です。通称はK-MUSEAMです。共同溝を紹介する展示室と共同溝の配管を見学する通路があります。渡辺誠氏設計で、中止された世界都市博覧会のモニュメントになる予定でした。東京都港湾局が管理しています。1997年(平成9年)開館です。海に面したこちら側が正面でしょうか、近未来的なデザインですね。
共同溝展示館
有明側はこんな感じで、丘がプラスチックで覆われていて、針金が生えています。建物の表情も少し違いますね。2001年から休館中で公開されていません。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>異形の建築物
2018年02月07日

渋谷ストリーム

渋谷ストリーム
渋谷3丁目の東横線跡地に建設中の渋谷ストリームで、明治通りから見ています。35階建て約180mで、2018年7月竣工、秋開業予定です。オフィス、ホテル、店舗、文化施設などが入ります。オフィスにはグーグル本社(日本)が入居予定です。
かなり斬新なデザインですね。遠くから見ると白いひび割れのようにも見えますが、よく見ると、いろいろな長さの白いパネルが不規則に貼られているのが分かります。正式にはランダムパネルと称しているらしいです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>異形の建築物
2017年10月08日

青山製図専門学校1号館

青山製図専門学校1号館
渋谷区鶯谷町にある青山製図専門学校1号館です。ずいぶん前に何回か写真を撮ったことがあるので当ブログで紹介済だと思っていたのですが、まだでしたね。今日近くで仕事だったので撮ってきました。1990年(平成2年)竣工なのでかなり古い物件なのですが、きちんと手入れされています。触角のある甲殻類かガンダムか宇宙船の一部のようにも見えます。今にも動き出しそうなデザインですが、動きません。
建築家の渡辺誠の設計で、1988年の国際コンペによるものです。「部分は自由なのに、全体はまとまっていること」がテーマのようです。雑多な建物がある渋谷ならではのデザインですね。生物多様性みたいな感じですか。
建築当時は、まだCADは部分的にしか使えず、けっこう大変だったみたいです。三次元形状のアルミステンレスパネルは二百枚以上で、すべて形が違っています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>異形の建築物
2017年08月24日

神保町シアタービル

神保町シアタービル
千代田区神保町1丁目、すずらん通りの一本南側にある、神保町シアタービルです。映画館「神保町シアター」とお笑い劇場「神保町花月」が入っています。設計は山梨知彦+羽島達也(日建設計)で、2007年竣工で、芸能学校の稽古場もある、6階建てです。
三角形の鉄板を組み合わせた多面体で、割れ目というか、すき間は明り取りの窓ですね。かなり目立つ外観です。卵が中からの力で割れる感じらしいです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>異形の建築物
2017年06月20日

WAVE西麻布ビル

WAVE西麻布ビル
港区西麻布1丁目、外苑西通りの西麻布の交差点から少し北、青山公園方面へ分かれるところにあり、最寄り駅は乃木坂です。1992年竣工の6階建ての賃貸オフィスビルです。グレーの半分の逆円錐にガラスの箱をくっつけた形で少しひねっています。まあ、特徴は飛び込み台ですね。北川原温氏の設計です。建築当時はスカラという名前でした。
これは幹線道路沿いなので見たことある人は多いでしょうね。私の記事で紹介済の北川原温設計のものは、アルカ(千駄ヶ谷)日本ペンクラブ本部です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真>異形の建築物
PageTop▲