2017年03月20日

ドライフルーツヨーグルト

ドライフルーツヨーグルト
ドライフルーツをヨーグルトにつけこむと、ドライフルーツはふにゅふにゅになりヨーグルトの余分な水分を吸って滑らかな食感になります。今回はドライのドラゴンフルーツを使ってみました。細かくちぎって一晩つけてよく混ぜると、全体に薄ピンクになり種だけが残ります。かなり溶けやすいようです。ポリフェノールが含まれていますね。
豆乳ヨーグルトは自作で、40℃で8時間ぐらいでできます。健康の為に牛乳製品は控えています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>食
2017年01月27日

茎茶

茎茶
茶柱が立つと縁起がいいといいますが、ウチは茎茶なので3日に一回ぐらい立ちます。3本ぐらい立つときもあります。あまり珍しい現象ではありませんね。
ステンレスのメッシュの茶こしではなく、急須の内側に小さな穴のあるタイプなので、カスもたくさん出ますが、茎も出ます。
茎茶は安いので二級品のように思われがちですが、甘み旨味香りでは勝っていますね。茎はテアニン(甘味旨味成分)が2倍、ピラジン類(香ばしさの香り成分)が1.5倍、ゲラニオール・リナロール(甘い香り成分)が4倍あります。テアニンは光合成でカテキンに変化しますが、茎は光合成しないのでカテキンが少なく渋みが少ないです。
あと、比較的高温で淹れてもOKですね。色はやや薄いです。
ウチはかれこれ30年ぐらいずっと茎茶です。
PR:クラシカルなティーポット (ホワイト) ※茶こしは付きません (アウトレット)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>食
2016年12月10日

手前味噌

味噌汁
ほとんど毎日食べる味噌汁ですが、ワカメと油揚げは必ず入れます。あとは野菜ですが、これは大根とオクラです。最近は一年中安いので冬でもオクラを常食しています。で、味噌ですが、5月に仕込んだ味噌が食べ頃になりました。マイルドで美味しいです。
味噌の作り方を簡単に。
味噌作り材料
材料は大豆と塩と米麹と種味噌です。それと密閉できるポリバケツが必要です。
大豆を一晩水に浸します。大鍋で5時間ほど煮てさまします。煮汁は少し取っておきます。米麹は解凍しておきます。大豆をブレンダーかフードプロセッサーかすり鉢でつぶします。米麹と塩をよく混ぜます。それに大豆ペーストと種味噌を少しづつ混ぜていきます。水分が足りない場合は煮汁を少し入れます。よくかき混ぜられたら、ポリバケツに詰め、空気が入らないように押し、上をラップで覆い蓋をします。あとは半年から一年待つだけです。夏を越さないといけないので、冬春仕込みだと半年、秋仕込みだと1年ですね。あと、年一回夏に全体をざっくりかき混ぜます。これを天地返しと言います。
1月2月の寒仕込みが美味しくできるらしいので、年明けにまた仕込みます。5月に5時間も大豆を煮るのはかなり辛かったです。
PR:味噌手作りセット(通常版)4kg用 樽なし
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>食
2014年04月17日

Buckwheat Flour

そば粉を英語で「Buckwheat Flour」というのを初めて知りました。Buckwheatはそば、Flourは小麦粉なのですが、単に粉という意味で使っているのでしょうね。国産のそば粉は高くて、安いのは中国産でちょっと不安なので他の外国製を捜していました。ナショナルマーケットでうろうろしてたのですが見つからず、店員さんに聞いたらこれでした。言葉の意味も知らずには捜すのは無理ですね。手の平のところが透明になっていて中が見えるという工夫がされているパッケージです。
Buckwheat Flour
オーストラリア産のオーガニックのもので、値段は国産と中国産の中間ぐらいです。日本では麺以外はそばがきぐらいですが、西欧ではパン、お菓子などに使われるようです。ガレットも有名で、ハムチーズ卵などおかず系を入れますが、ジャムなどを入れるデザート系もあります。円形に焼いて端を折って四角く包みます。私は牛乳のみで溶いてクレープにして二つ折りでジャムなどを挟んで食べています。ガレットは生地に塩や卵を入れて寝かしてから片面焼きですが、クレープは寝かせないで両面焼きです。
台所が広ければそば打ちにも挑戦したいのですが今は無理です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>食
2009年09月05日

オクラ

オクラが大好きで子供の頃からよく食べていました。夏場は毎日です。最近季節関係なく売っていますが、やはり夏がおいしいですね。

みそ汁、酢の物、サラダ、天ぷら、炒飯、煮物、炒め物、カレー、何でも大丈夫です。成長が速く大きくなるのでさすがにベランダ菜園では無理な感じです。実は未熟な実なんです、食べるのは。ほっておくと20cm以上になります。もちろん硬くて食べられませんが、シーズン終わりに種を採るときには必要です。

その種を煎ってコーヒーのようにいれるとおいしいです。コーヒーとココアと麦茶の中間点ぐらいの味ですかね。表現が難しいですね。

オクラは日本では一年草ですが、熱帯では多年草でかなり大きくなります。

goya.jpgゴーヤも未熟な実を食べるんですね。収穫は開花からの日数で決めます。過ぎるとすぐに黄色くなるんですよ。さらにほっておくとはじけます。今年のベランダゴーヤは日照不足からか、数も大きさもいまいちでしたね。この写真は去年のです。

キュウリも未熟な実を食べるんです。これもほっておくと黄色くなります。胡瓜または黄瓜と書きます。ゴーヤと同じウリ科でつる性、花も似ていますね。キュウリは品種によって色も形も違うのですが、店頭ではあまり違う種類のは売ってないようですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>食
PageTop▲