2017年11月15日

板チョコ

板チョコ
5mmぐらいの厚さで板のような形状です。乳化剤を使用してないのでカッチカチで本当に板のようです。カカオ分85%(有機カカオマスとカカオバター)で残りは有機さとうきび糖というダークチョコレートで、オーガニックフェアトレードチョコレートです。味は濃厚で、香りがいいです。
チョコレートはポリフェノールが多く健康によいと聞きますが、国産の甘ったるく柔らかいものは食品添加物の塊で不健康の極みです。このくらい徹底したものでないとダメですね。スイスのアルテルエコ社の製品です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>食
2017年10月19日

うねめもみじたまご

うねめもみじたまご
少し前に紹介した自販機の卵を買ってきました。レジ袋を持参して買いに行ったのですが、卵といっしょに出てきました。お金を入れてから少し時間がかかりますが、無音でしたね。ガタンゴトンとかはなかったです。岡山県笠岡市の釆女ファームで生産されたものです。殻が赤いタイプで、黄身も少し色が濃いですかね。美味しかったです。一般的な飼料に魚粉や海藻、ニンニクなどを配合して鶏の健康に気を使っているそうです。
賞味期限も二週間以上あります。賞味期限が過ぎても加熱すれば大丈夫です。あくまで生食の賞味期限ですから。
「鉄腕DASH」や「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」でも紹介されたらしいです。テレビ見ないので知りませんでした。飛び込み取材で長瀬クンが怒られたとか、真面目な社長らしい話ですね。まあ、鶏の病気を防ぐ為に養鶏場にむやみに部外者を入れないのは当たり前ですけど。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>食
2017年10月11日

ベームスターゴート

ベームスターゴート
オランダ王室御用達、ベームスターのゴートチーズです。山羊乳のチーズですね。「マイルドで親しみやすい味わいが特徴です。白ワインやスパークリングワインとの相性が◎」と書いてあります。おつまみに向く、けっこう濃い味だと思いますが、クセはないですね。
実家では子供の頃、山羊を飼っていたので、山羊乳は嫌というほど飲んだのですが、そういう山羊らしいクセはないです。
私、実は、乳製品は食べないようにしているのですが、これは別ですね。牛乳製品ではないので。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>食
2017年01月27日

茎茶

茎茶
茶柱が立つと縁起がいいといいますが、ウチは茎茶なので3日に一回ぐらい立ちます。3本ぐらい立つときもあります。あまり珍しい現象ではありませんね。
ステンレスのメッシュの茶こしではなく、急須の内側に小さな穴のあるタイプなので、カスもたくさん出ますが、茎も出ます。
茎茶は安いので二級品のように思われがちですが、甘み旨味香りでは勝っていますね。茎はテアニン(甘味旨味成分)が2倍、ピラジン類(香ばしさの香り成分)が1.5倍、ゲラニオール・リナロール(甘い香り成分)が4倍あります。テアニンは光合成でカテキンに変化しますが、茎は光合成しないのでカテキンが少なく渋みが少ないです。
あと、比較的高温で淹れてもOKですね。色はやや薄いです。
ウチはかれこれ30年ぐらいずっと茎茶です。
PR:クラシカルなティーポット (ホワイト) ※茶こしは付きません (アウトレット)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>食
2016年12月10日

手前味噌

味噌汁
ほとんど毎日食べる味噌汁ですが、ワカメと油揚げは必ず入れます。あとは野菜ですが、これは大根とオクラです。最近は一年中安いので冬でもオクラを常食しています。で、味噌ですが、5月に仕込んだ味噌が食べ頃になりました。マイルドで美味しいです。
味噌の作り方を簡単に。
味噌作り材料
材料は大豆と塩と米麹と種味噌です。それと密閉できるポリバケツが必要です。
大豆を一晩水に浸します。大鍋で5時間ほど煮てさまします。煮汁は少し取っておきます。米麹は解凍しておきます。大豆をブレンダーかフードプロセッサーかすり鉢でつぶします。米麹と塩をよく混ぜます。それに大豆ペーストと種味噌を少しづつ混ぜていきます。水分が足りない場合は煮汁を少し入れます。よくかき混ぜられたら、ポリバケツに詰め、空気が入らないように押し、上をラップで覆い蓋をします。あとは半年から一年待つだけです。夏を越さないといけないので、冬春仕込みだと半年、秋仕込みだと1年ですね。あと、年一回夏に全体をざっくりかき混ぜます。これを天地返しと言います。
1月2月の寒仕込みが美味しくできるらしいので、年明けにまた仕込みます。5月に5時間も大豆を煮るのはかなり辛かったです。
PR:味噌手作りセット(通常版)4kg用 樽なし
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>食
PageTop▲