2020年06月30日

保護色自販機(赤坂)

保護色自販機(赤坂)
自販機というのは、目立ってナンボ、ということで派手な色が多いのですが、周りの景観に配慮した色のものも存在します。こちら、アサヒ飲料の自販機なので通常は青なのですが、隣の塀の色に合わせた、明るいグレーです。これはかなり近い色で保護色になっています。
港区赤坂8丁目で発見しました。この奥に餃子の有名店「aa」があります。昼時はいつも行列ができていますね。
PR:アサヒ飲料 「『ワンダ』X-Bitter」ブラック 245g ×30本
タグ:自販機
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2020年06月10日

芝浦埠頭

芝浦埠頭
久しぶりにレインボーブリッジを歩いて渡りました。ほぼ50mぐらいの高さです。芝浦埠頭で、住所は港区海岸3丁目です。手前がコンテナ置き場ですが、トレーラーに載った状態ですね。富士倉庫運輸、秋元運輸倉庫、丸運芝浦物流センターなどの建物が見えます。左の倉庫の間に、ゆりかもめの高架が見えています。その上を斜めに首都高11号台場線が下っていますね。かなりの角度です。
家に帰って調べてみたら、以前歩いて渡ったのは2003年1月でした。1993年竣工なので10年後です。当時のカメラはコダックでしたが、画質が悪くてごめんなさい。2000年発売のDC-3800です。小さくて単三電池が使えるのは良かったのですけど。
芝浦埠頭(2003年)
倉庫の建物は変わっていません。浜松町ビルディングは2003年当時、突出して高かったのですね。166mです。昔は東芝ビルでした。その左の新しいのは、日本生命浜松町クレアタワーで、156m、2018年竣工です。世界貿易センタービルの隣に建っています。
ほぼ中央の新しくて黒いのは、東京ポートシティ竹芝オフィスタワーで、209m、2020年竣工です。
右の方、勝どきのビル群も以前はなかったものです。勝どきザタワー(179m、2016年竣工)、トウキョウタワーズミッドタワーとシータワー(193m、2008年竣工)あたりですね。
ちなみに、レインボーブリッジの遊歩道は約1.7kmで無料です。北ルート、南ルートがあります。結構揺れます。芝浦アンカレイジからエレベーターで、お台場側は第三台場の付け根あたりです。
タグ:定点観測
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2020年05月08日

行き止まりロータリー(元麻布)

行き止まりロータリー(元麻布)
あてもないぶらぶら散歩の時にどちらに行くか迷ったら、細い方、曲がりくねった方、低い建物の方、へ向かうようにしています。意味はないですが、なんとなく面白い風景に出会えそうな気がします。ところが、行き止まりの道も多いのです。車用に行き止まり表示があるときもありますが、徒歩だと通れたりもしますので、行ってしまいますね。
で、港区元麻布2丁目と3丁目の間の狐坂を通っていて、麻布中学校の方へ曲がって進むと、道路の中央に電柱があって、あれっと思ってさらに進むと、行き止まりのロータリーでした。私道に迷い込んだようです。東京では珍しいですね。
香港では、意外と行き止まりがロータリーになっているところが多いです。東京より人口密度が高いのに。例を上げときます。
https://bit.ly/2WdmL7R
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2020年04月18日

浜の家跡地(西麻布)

浜の家跡地(西麻布)
港区西麻布2丁目、西麻布の交差点から渋谷方向すぐ右側にあります。写真では奥に六本木通りが見え、上は首都高3号渋谷線です。駐車場左は笄川(こうがいがわ)が暗渠になった道路で六本木通りに向かう一方通行です。笄川は根津美術館にある池から始まり天現寺橋で渋谷川に合流して古川になります。笄川の源流は他にもあります。駐車場右側、六本木通りからこちらに向かう一方通行の道路は旧道で、笄川とほぼ平行しています。駐車場手前、右の方へ向かう道はフジフイルム本社裏手、長谷寺方面への上り坂になっています。この辺り青山墓地も近く、意外とお寺が多いです。
ここまで、ほぼコピペなのですが、この3台分の駐車場は、「浜の家」という和風居酒屋があった場所なのです。2018年12月21日に閉店、2019年5月ごろ解体して、その後駐車場になっています。37年間営業していたようです。駐車場になると、こんなに狭かったのかと驚きますね。
タグ:定点観測
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2020年01月19日

時代屋跡地(大井)

時代屋跡地(大井)
品川区大井4丁目、池上通りに光学通りが突き当る大井三ツ又交差点の歩道橋のそばに、かつて時代屋という骨董屋がありました。90年代末に広尾商店街のビルの2階に引っ越しましたので、現在は駐車場になっています。
村松友視の1982年直木賞受賞作「時代屋の女房」のモデルとなった骨董屋です。
1983年に渡瀬恒彦、夏目雅子主演、根岸吉太郎監督で映画化され、こちらの場所にあった時代屋でロケされています。なかなか風情のある骨董屋でしたね。映画でしか見ていませんけど。すぐ手前の三ツ又地蔵尊も映画に登場します。
PR:あの頃映画 「時代屋の女房」 [DVD]
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
PageTop▲