2020年06月17日

芝5丁目の解体現場

芝5丁目の解体現場
桜田通り(国道1号)が直角に曲がる三田2丁目の交差点から始まる、慶應仲通り商店街へ入ってすぐ右側の一角が解体工事中です。2018年8月まで、右の角に茶の木稲荷神社がありました。神社が解体、移転合祀された後の写真は、2020年2月に撮りましたが、一気に解体が進みましたね。神社隣の餃子屋、その隣の焼肉屋と、その隣のビルを今解体中です。左奥の和菓子の大坂家のビルが丸見えになっているのですが、中村屋化粧品の看板のある居酒屋も解体されたからですね。
残りは、一部5階建ての宝石店のビルのみになってしまいました。どうなるのでしょうか?
タグ:定点観測
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴工事中
2020年06月13日

海喜館跡地(西五反田)

海喜館跡地(西五反田)
品川区西五反田2丁目に海喜館という旅館があったのですが、解体工事の最中ですね。目黒側沿いで、桜田通り(国道1号)からもすぐで、五反田駅3分です。奥のビルは目黒川の向こう側です。
旅館は、五反田が花街だった頃からあるのですが、戦災で焼けて、昭和24年に再建して、2015年に廃業しています。土地の取得は旭化成不動産レジデンスで、解体工事は西松建設が行っています。
有名なのは、巨額地面師事件、積水ハウス事件とも言われている、2017年の詐欺事件で、積水ハウスが、架空取引で55億円を騙し取られました。偽造印鑑登録証明書、偽造パスポート、偽造土地権利書などを持ち、所有権者になりすまして、取引したようです。実際のオーナーは入院中でした。
2019年初めに、詐欺グループ全員が逮捕され解決しました。計画者、主犯格、なりすまし役、調整係、仲介業者役、手配役、口座の準備係、など16名です。
積水ハウスは結局、土地を取得しなかったようです。
目黒側沿いだけでなく海喜館にも桜がありました。こちら。2008年の写真です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴工事中
2020年02月18日

案内標識(下目黒)

案内標識(下目黒)
山手通り(都道317号)ですが、目黒通り(都道312号)との交差点から少し南、五反田方向に200mほど進んだところです。目黒区下目黒3丁目です。
交差点の案内標識なのですが、地べたに置いてあります。形状は道路工事用の看板と同じです。まあ、工事現場ではあるのですけどね。通常は高いところにあるものなので、ちょっと珍しいです。
ここ、長いこと工事してますね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴工事中
2020年01月30日

目黒清掃工場解体工事

目黒清掃工場解体工事
目黒区三田2丁目にある目黒清掃工場ですが、解体工事が終わって、覆っていたテントの骨組みの解体途中です。工場本体の解体は巨大なテントの中で行われていました。目黒川にかかる田道橋から撮っています。
2018年5月から煙突の解体に入っていました。2019年の1月は煙突は半分ぐらいですが、テントはまだ完成していません。2019年5月の写真だとテントの一部が見えます。
新工場は2022年竣工予定です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴工事中
2020年01月27日

木造解体(小山)

木造解体(小山)
木造一軒家の解体現場は気になってつい見てしまいますね。近所の品川区小山4丁目です。鉄筋コンクリートの解体と違って、木造の場合は騒音ホコリ破片の飛び散りとかは少ないです。金属とプラスチックと木材はきっちり分けるようですね。
ここは商店街というかアーケード街なので、廃材搬出に大きい車が使えないので、日数がかかっているようです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴工事中
PageTop▲