2018年01月02日

箱根駅伝2018

箱根駅伝2018
箱根駅伝往路1区、第一京浜の高輪二丁目交差点の近くです。順大の選手が先頭ですが、まだ一団となっていますのでどうなるかわかりませんね。きょうはいい天気で、風が冷たいですがそれほど強くないようです。
通過のかなり前から、信号は青のままですね。警察官の合図で右左折の車、横断の歩行者を誘導していました。
【写真>イベントの最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>イベント
2018年01月01日

目黒不動尊に初詣

目黒不動尊に初詣
毎年恒例の目黒不動尊に初詣です。今年も晴れましたね。例年は午前中に行くのですが、今年は午後にしたら、大変な人で大混雑でした。これは境内の出店です。
おみくじは大吉でした。願望(ねがいごと)|のぞみのままです 人の言葉に迷うな
だそうです。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2017年12月31日

天文年鑑2018

天文年鑑20182018年版天文年鑑を買いました。創刊70年です。1949年の表紙はパロマ天文台のドームで、定価140円でした。「子供の科学」の別冊だったのですね。今年の表紙はハッブル宇宙望遠鏡のとらえた火星です。衛星フォボスも見えます。
今年の見どころは、火星の15年ぶりの大接近です。次の大接近は2035年です。衝は7月28日で、最接近は7月31日で、-0.1等級です。ピンポイントの現象ではないので、夏の間はよく観察できます。いて座とやぎ座の間あたりにいます。
日食は3回ありますが部分日食で皆既日食はありません。いずれも日本では見られません。月食は2回あり、1月31日の皆既月食は日本全国で最初から最後まで見られます。7月28日の皆既月食は、東北以西では皆既食中に月没ですが、北海道と東北の一部では皆既食が始まる前に月没となります。
水星は3月中旬と7月初旬に西の空でよく見えます。金星は2月中旬から10月初旬まで宵の明星で、東方最大離角が8月18日で、最大光度が9月21日です。10月25日の内合を過ぎて、11月初旬から明けの明星となり、12月2日に最大光度となります。3月19日には月と金星と水星が接近してよく見えます。
木星の衝は5月9日で、春から夏によく観察できます。ほぼてんびん座にいます。
土星の衝は6月27日で、夏が見頃ですが、4月2日前後に火星と接近します。ほぼ同じ明るさで色違いですね。環が最大に近く開いているので、双眼鏡でも環が見えるでしょう。
ペルセウス座流星群の観測条件がいいですね。7月20日から8月20日で、8月13日が極大です。ふたご座流星群も条件がよく、極大が12月14日です。
ビルタネン彗星が12月12日に近日点通過で12回目の回帰です。12月16日頃地球に最接近で、0.078AUです。1167万kmか。
最近は、太陽系内の発見よりも、系外惑星の発見が多いですね。初めての発見が1995年で、今は3500個以上確認されています。
※1月2日の満月はかなり大きいようです。35万6600kmです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>宇宙天文
2017年12月30日

金山神社(岩本町)

金山神社(岩本町)
千代田区岩本町2丁目、昭和通りから少し入ったところにあります。これは町の鎮守の神様ではなく、昭和初期に、東京金物同業組合が南宮大社(岐阜垂井町)を分霊し創建したもので、金属加工業の職人さん達が信仰をよせていました。神田鍛冶町とかあるように、神田は金属加工業が盛んな町でした。
11月に「ふいご祭」が行われます。神事だけで、神輿や出店はありません。ふいごは金属加工に欠かせない道具ですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2017年12月29日

金刀比羅宮と慈愛地蔵尊(日本橋中州)

金刀比羅宮と慈愛地蔵尊(日本橋中州)
清洲橋通りで清洲橋たもと近くにあります。住所は中央区日本橋中州です。奥に首都高6号向島線が見えますが、かつて箱崎川だったところで、そこに架かる橋が菖蒲橋です。かつての菖蒲橋のたもとということになります。隅田川と箱崎川の間の中州だった場所ですね。
四国琴平宮を遷座して明治初年に創建されたようで、箱崎川の埋立も同じ時期です。海運の守り神です。
正面が金刀比羅宮の社で、右側にある小さなお地蔵様が慈愛地蔵尊です。千羽鶴が供えてあります。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
PageTop▲