2020年12月31日

天文年鑑2021

天文年鑑20212021年版天文年鑑を買いました。表紙は2020年7月に見られたネオワイズ彗星です。
2021年は6月10日に金環日食、12月4日に皆既日食があるのですが、それぞれ北極と南極なので観測は厳しいですね。月食は二回ありどちらも日本で見られます。5月26日の皆既月食、11月19日の部分月食です。
惑星が月に隠される惑星食は、水星金星火星それぞれ2回づつありますが、日本で見られるのは11月8日の金星食だけです。昼間ですけど。
金星は3月4日が外合でそれまでは明けの明星ですが、すぐに高度が低くなるので見られるのは1月初旬だけですね。あとはずっと宵の明星です。6月ぐらいから見られます。東方最大離角が10月30日で47度3分、最大光度が12月4日で-4.7等です。7月12日に金星と火星と月が大接近します。
火星の接近はありません。10月9日が合です。
木星は山羊座にいますが、水瓶座との間をいったりきたりします。1月29日が合で、8月20日が衝です。夏が観測好機です。2月11日金星と接近、3月5日水星と接近します。
土星はずっと山羊座にいます。1月24日が合で、8月2日が衝です。夏が観測好機です。2月6日に金星に大接近します。年始めは木星と近い位置にいますが、木星の方が移動が速いのでどんどん離れていきますね。
2021年は肉眼で見えるような彗星はなさそうです。
今年の流星群の観測は条件が悪いものが多いです。ただし、8月13日極大のペルセウス座流星群と、12月14日極大のふたご座流星群は条件がいいです。予想HRが70と80で数が多いです。
太陽活動ですが、2020年始めには第25活動周期に入ったとされるのですが、夏から秋でも1か月黒点ゼロとかあったので不安でしたが、最近は増えています。この情報はこの本にはありません。
PR:天文年鑑 2021年版
【ノート>宇宙天文の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>宇宙天文
2020年12月29日

清水稲荷神社(目黒本町)

清水稲荷神社(目黒本町)
目黒区目黒本町1丁目にある清水稲荷神社です。羅漢寺川に合流する六畝川という川があるのですが、現在は暗渠になっていて六畝川プロムナードになっています。林試の森公園の西の端が羅漢寺川と六畝川の合流地点で、六畝川プロムナードの端ですね。この遊歩道を上流に遡ると清水稲荷通りに突き当たり、遊歩道の終点で、清水稲荷神社があります。
この稲荷が水源にあったということで辻褄があうのですが、実は路地は更に先に進んでいて、東急バスの駐車場で清水が湧き出していたそうです。そこに1897年(明治30年)頃から清水稲荷があったのですが、1952年(昭和27年)に現在地に移築しました。
六畝川を遡る動画もありますので、ご覧ください。こちら
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2020年12月27日

立会川駅前

立会川駅前
京浜急行本線立会川駅前です。以前紹介した鮫洲駅東口の前も驚きましたが、こちらも地方の風情がある駅前ですね。住所は品川区東大井2丁目ですけど。
ガードの下を左へ行くと立会川で、駅出て左へ進むと坂本龍馬像があります。
中央奥の路地の先の第一京浜(国道15号)を渡った先に、立会川西商店街ショッピングモールがあります。動画で紹介していますのでご覧ください。こちら
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2020年12月25日

かまぼこ型店舗2軒(大井)

PIZZAMAN
形状がちょっと変わったお店が気になりますねえ。品川区大井1丁目、区役所通りの1本南側の通りにある「PIZZAMAN」というピザ屋さんです。格納庫型と書こうとしたのですけど、最近の格納庫は四角いんですよね。まあ、柱がなく広い空間が確保出来る構造ということです。中はちょっと宇宙船っぽい感じですかね。人気のあるチェーン店のピザ屋さんです。
博多劇場
同じ通りに似た形状のお店がありました。屋台屋「博多劇場」という居酒屋です。博多といえばもつ鍋ですね。チェーン店です。こちらの方が本来の意味のかまぼこに近い形状です。テント型を恒久バージョンにした感じですかね。こちらも柱が必要ない構造ですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴飲食店/店舗
2020年12月23日

じゃがいもとかぼちゃのカレー

じゃがいもとかぼちゃのカレー
冬至にかぼちゃを食べるという風習があるからなのか、安かったのでかぼちゃを買ってきました。まあ、野菜が全体に安いのですけどね。普通は煮物にするんでしょうが。
ちょっと変わったところで、カレーです。じゃがいももついでに入れます。
玉ねぎを必ずというのは当たり前なのですが、ウチではトマトも必ず使います。それ以外はかなり自由です。
気が向いたらインディカ米なのですが、今回はジャポニカ米です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴料理
PageTop▲