2020年10月08日

中央食品水産部(築地)

中央食品水産部(築地)
中央区築地7丁目にある中央食品水産部です。魚の切り身など割烹材料と珍味を取り扱うお店です。
築地や銀座はこういう銅板建築がかなり残っていますね。現役の建物なのがいいです。看板建築や実際に四角の建物の場合が多いですが、こういう切妻屋根の建物は少ないですね。
銅板はこの面だけ、2階だけですけど。
タグ:銅板建築
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2020年10月06日

クネクネ樹木(芝)

クネクネ樹木(芝)
港区芝3丁目で発見しました。幹がクネクネ曲がるのはマメ科の植物の特徴です。たぶん、エンジュではないかと思われますが、特にクネクネ曲がるのはシダレエンジュですね。
グーグルマップのストリートビューで見ると、以前は2階の上まで達するような大きい木だったようです。
クネクネ樹木(芝)
葉が茂るとクネクネ具合が見えにくいので、4月下旬に撮った写真も上げときます。
タグ:定点観測
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2020年10月04日

喜寿司(日本橋人形町)

喜寿司(日本橋人形町)
中央区日本橋人形町2丁目にある喜寿司で、老舗江戸前寿司のお店です。1923年(大正12年)創業で、江戸前寿司三大始祖と言われるお店の一つです。浅草の弁天山美家古寿司、銀座の二葉寿司、人形町の㐂寿司ですね。「㐂」は「喜」の旧字です。
元々は柳橋にあったのですが、1952年(昭和27年)芸者の置屋を改装したお店です。ここは以前花街だった場所で、隣の歯科多和田(廃業)は三河屋という待合でした。以前に紹介済みです。こちら
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2020年10月02日

首都高都心環状線(新富)

首都高都心環状線(新富)
首都高都心環状線の新富町出口をまたぐ三吉橋のたもとから見ています。奥のビル群の住所は中央区新富2丁目です。サビの見える屋根のようなものは、首都高の防音壁です。
三吉橋は、築地川と楓川の連絡運河を造りその上にY字型にかけられた橋で、1929年(昭和4年)竣工です。関東大震災の復興計画の一つです。川は1960年(昭和35年)に埋め立てられ、首都高になりました。
低地にある道路は、騒音が上に反響するので、防音壁が道路にかぶさるように湾曲して、屋根のようになっています。道路側は古さを感じさせないのですが、上はサビが目立ちますね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>散歩写真
2020年09月29日

和気清麻呂像(大手町)

和気清麻呂像(大手町)
内堀通りから、皇居のお堀に三角に突き出した、大手濠緑地にある「和気清麻呂像」です。東京メトロ東西線竹橋駅4番出口のそばで、住所は千代田区大手町1丁目です。
駅のエレベーター新設工事のために長く檻の中に閉じ込められた状態でしたが、工事終了によりやっと解放されました。
1940年(昭和15年)皇紀2600年を記念して、建立されました。彫刻家、佐藤清蔵の作品です。
奈良時代から平安時代にかけての貴族で、道鏡の野望を砕き皇統を護った忠臣として知られ、光仁天皇、桓武天皇に信頼され、平安遷都にも貢献しています。
南北朝時代の武将で、天皇の忠臣として知られる楠木正成が「武」の象徴で、楠木正成像が皇居前広場にあります。一方、和気清麻呂は「文」の象徴です。文武の二忠臣が、皇居を護っているわけです。
PageTop▲