2020年03月08日

オイルサーディンとジャガイモのパスタ

オイルサーディンとジャガイモのパスタ
ジャガイモは賽の目に切って、スパゲッティと一緒に茹でます。にんにくとオイルサーディンを少し炒め、茹で上がったものを入れてさらに少し炒めます。オリーブオイルと塩胡椒だけというシンプルな味です。オイルサーディンの汁は入れない方がいいです。
仕上げに刻んだパセリをと思ったのですが、なかったので、アオサを少し揉んでかけました。見た目は同じです。これが意外とよかったです。
PR:はごろも&キングオスカー オリーブオイルサーディン 105g×4個 (2447)
【写真>┴料理の最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴料理
2020年03月06日

不動浴場(下目黒)

不動浴場(下目黒)
目黒区下目黒3丁目にある不動浴場です。目黒不動尊の北側で、目黒通りからだと目黒寄生虫館の横を進んだところです。山手通りからも近く、不動前駅から7分ぐらいです。
2017年10月から休業しています。
比較的近所なのに知らなかった銭湯です。休業は残念ですね。千鳥破風で立派な大屋根の伝統的な銭湯です。左右対称で、増築とかコインランドリーとかなく好感は持てるのですけどね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴銭湯
2020年03月05日

旧協働会館(芝浦)

旧協働会館(芝浦)
港区芝浦1丁目にある旧協働会館です。1936年(昭和11年)に建てられた芝浦花柳界の見番で、三業組合の事務所です。「三業」とは「置屋」「料亭」「待合」の三つです。雅叙園の建築も手がけた酒井久五郎氏の設計した建物で、東京に唯一残る戦前の木造見番建築です。両側に芸者置屋があったのですが、もうありません。
玄関に銅板葺きの唐破風があり、一階は事務所、二階は桧舞台のある「百畳敷」という大広間があります。
戦中に花柳界が疎開したために、港湾労働者の宿泊所となり、戦後に協働会館と名前が変わり、大広間は日本舞踊の稽古場や集会所として使われ、地元の人にも親しまれていました。
老朽化のため、2000年に閉鎖されましたが、港区有形文化財に指定し、保存活用することになりました。修復が終わり、2020年4月1日に公開されるようです。
修復前の写真はこちら
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2020年03月04日

ガパオライス

ガパオライス
タイの屋台料理ですね。ナンプラーと豆板醤とかあれば出来るらしいのですが、今回は手を抜いて、シーズニングペーストを使いました。MSGを使ってないものを選んでいます。
豚ひき肉、ピーマン、パプリカを炒めて、ペーストを入れてさらに少し炒めるだけです。インディカ米を使いました。香米(ジャスミンライス)です。炊きたての香りがいいですね。お米は研ぎません。目玉焼きは付き物のようです。
タイは行ったことないのですが、なぜかタイ料理は好きです。辛い物好きというわけではないです。
PR:ユウキ食品 ジャスミン米(香米) 500g
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴料理
2020年03月03日

せり出し物件(石川町)

せり出し物件(石川町)
大田区石川町2丁目で発見しました。奥の白いのがNTT隣の葬祭場で、中原街道沿いにあります。少し入ったところです。
せり出し量は少ないのですが、せり出し方が今までにないパターンです。道路拡張で1階部分は道路に沿って削ったけれども、2階部分はそのまま残したという感じでしょうか。こういうのは珍しいですね。強度的に大丈夫だろうかとか、大型車来たら擦るんじゃないかとか不安になります。
建物右側は一方通行出口ですが、左側は両通道路です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴せり出し物件
PageTop▲