2019年08月02日

桜梅公園(大森南)

桜梅公園(大森南)
大田区大森南2丁目の呑川沿いにある桜梅公園です。最寄駅はありませんが、大森駅から森ケ崎行き京急バスで、第四小学校下車4分ぐらいです。
文字どおり桜と梅のたくさんある和風の公園ですが、夏は蝉の声に包まれています。小さい丘の上に東屋があります。
周辺は工場と住宅が混在する場所で、こういう和の空間は珍しいですね。
桜梅公園入口(大森南)
入口も和風庭園の門のような感じです。中はあまり手入れされてなく、庭園という感じではありません。春の季節は違うのかも知れませんけど。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴公園
2019年07月31日

元禄九年道標(池上)

元禄九年道標(池上)
旧池上道(平間街道)の道標で、門前寺通り(参道)との交差点にあります。もちろん池上本門寺の参道です。大田区池上4丁目で、相模屋という葛餅屋さんの店先にあります。
元禄9年というのは1696年ですが、相模屋の創業は享保年間(1716年〜1740年)ということなので、道標の方がちょっと古いです。
右側が裏面で、「是よりみき・こすきみち・新田道」とあり、左には「是よりひたり・古川道・かわさきみち」とあります。見えない正面は「南無妙法蓮華経」ですね。
2019年07月29日

ニホントカゲ

ニホントカゲ
普通のトカゲで身も蓋もない名前ですが、最近、分子系統解析により西日本と東日本で種が異なることが判明し、正確にはヒガシニホントカゲで、西日本にいるのがニホントカゲです。外見で区別は難しいです。
幼体と雌は尾が青いです。雄の成体は褐色です。婚姻色の出た雄は顔が赤いです。
夏になると目に付きますね。石垣とかによくいます。これは田園調布の住宅街の石垣で見つけました。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>自然観察
2019年07月28日

亀の湯(大岡山)

亀の湯(大岡山)
目黒区大岡山1丁目にある亀の湯です。環七の碑文谷病院の向かいあたりの一方通行の道を少し入った住宅街にあります。目黒南三郵便局の先ですね。大岡山駅と都立大学駅から10分ぐらいです。
何回か前を通っていつも閉まっているので、調べてみたら、2018年12月31日に廃業していました。ここで70年ぐらい営業していた銭湯でした。上はアパートになっているので、建物はそのままで、コインランドリーも営業しています。

西小山駅近く、品川区小山6丁目の東京浴場も、2019年5月27日から休業中ですが、店主夫妻が退職したためで、新たな店主が見つかれば再開するようです。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴銭湯
2019年07月26日

勝海舟記念館

勝海舟記念館
大田区南千束2丁目、洗足池の東側にある「勝海舟記念館」です。洗足池駅から6分ぐらいです。東洋思想仏教思想を普及させる団体、清明会が1923年(大正12年)に勝海舟の別邸であった洗足軒を譲り受け、隣の土地に文庫兼講堂として1933年(昭和8年)に建てられたのが清明文庫です。清明会の活動は1935年に終わって、1954年(昭和29年)から学習研究社の所有になり鳳凰閣という名前になっています。
2009年に撮った鳳凰閣は「日本モンテッソーリ教育綜合研究所」が入居していました。2012年に大田区の所有となり、工事中の2014年の写真はこちらです。
鉄筋コンクリート2階建てで、ネオゴシック様式を基調としており、アールデコ調の文様も施されています。昭和初期の洋風建築の貴重な建物で、国の登録有形文化財になっています。
大田区立勝海舟記念館として2019年9月7日にオープンします。
洗足軒があった場所は大森第六中学校になっています。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
PageTop▲