2018年11月27日

ビルの間の小さい家(日本橋富沢町)

ビルの間の小さい家(日本橋富沢町)
中央区日本橋富沢町ですが、織物中央通りの2本南の通りで、大門通りとの交差点からすぐの場所にあります。HARIOの本社の近くです。オフィス街に集合住宅はありますけど、一戸建ての住宅は珍しい場所です。本当にビルばかりの通りですね。
奥行きは結構ありそうですが、平屋です。シンプルなデザインがいいですね。
【写真>┴細い/薄い/狭いの最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴細い/薄い/狭い
2018年11月26日

日本橋日枝神社(山王御旅所)

日本橋日枝神社(山王御旅所)
平成通り、茅場町駅近くの再開発している場所(兜町)の向かいにあります。住所は中央区日本橋茅場町1丁目で、茅場町駅1分です。都バスの茅場町バス停の横に灯篭が立っています。ビルの間の参道を進むと、木々と広い空間があってびっくりします。ビルに囲まれた神社で、周囲からは見えず、都心とは思えない静けさですね。
日本橋日枝神社(山王御旅所)または、日枝神社日本橋摂社という表記になっています。摂社とは、本社の祭神と縁の深い神を祭った社です。本社は、千代田区永田町2丁目にある日枝神社です。御旅所は、祭礼の時にお神輿が休息や宿泊をする場所です。17世紀中頃にここが御旅所と定められ、遥拝所が設けられました。
狛犬が上を向いているのが特徴で、運気上昇を願っているそうです。
ご神木の銀杏はまだ黄緑ですね。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴神社仏閣
2018年11月25日

市ヶ谷記念館

市ヶ谷記念館
新宿区市谷本村町5丁目にある市ヶ谷記念館です。防衛省内部で、高いアンテナのある庁舎B棟の西側です。外部だと、警視庁第五機動隊の東側、中央大学法科大学院の北側です。
旧陸軍士官学校本部だった建物で、その後、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地1号館となり、庁舎A棟を建てる時に現在地に一部を移設復元しました。
1946年(昭和21年)極東国際軍事裁判の法廷として使われた大講堂があります。通称東京裁判ですね。
1970年(昭和45年)11月25日の三島事件も有名です。三島由紀夫が盾の会隊員4名と市ヶ谷駐屯地へ入り、東部方面総監を監禁し、バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺をしました。45歳でした。当時は生首写真も報道され、印象に残る事件でした。
この車寄せ上のバルコニーでの演説写真が有名です。本日が命日なのです。
数年前に撮った写真ですが、まあ、変わってないでしょうね。予約制の「市ヶ谷台ツアー」で見学できます。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴レトロ建築
2018年11月24日

「美しい星」三島由紀夫

「美しい星」三島由紀夫埼玉県飯能市の大杉家の日常からスタートするのだけど、実は一家全員宇宙人だったという話で、三島由紀夫作品としては珍しいSFです。東西冷戦時代に書かれた小説で、核兵器から人類を救うというのがテーマですかね。
人類は核戦争で滅ぶべきという宇宙人たちと、救うべきという大杉重一郎との激しい議論がなかなかいいです。この部分が一番三島らしいですね。人間とは何かという本質的な議論です。
作中の大杉重一郎と同じように、三島由紀夫もUFO研究会に属し、観測会にも参加しています。
去年、映画化されて公開されていますが、時代を現在に置き換えてかなり違った作品になっているようです。まだ見ていません。
PR:美しい星 (新潮文庫)
posted by エダヤスオ | Comment(0) | ノート>本
2018年11月23日

ノナカビル(後楽)

ノナカビル(後楽)
外堀通りと白山通りの交差点、神田川にかかる水道橋たもとにある薄い建物で、ノナカビルです。その奥がTK-EASTビルで、さらにその奥が梅澤ビルです。奥の方は少し厚くなっていますが、連続した壁のようです。住所は文京区後楽1丁目で、左が神田川で、その左がJR水道橋駅です。
右の東京ドームホテルも薄型物件ですね。43階建て、155m、1006室です。
posted by エダヤスオ | Comment(0) | 写真>┴細い/薄い/狭い
PageTop▲