2021年09月15日

上池台5丁目の庚申塔

上池台5丁目の庚申塔
大田区上池台5丁目にある庚申塔です。猿坂の上の方で、池上本門寺から夫婦坂を通って中延方面に行く古道の途中です。庚申塔は道案内の役目もあります。1723年(享保8年)建立、駒型で、上に日月、下に三猿が刻まれています。「南無妙法蓮華経」の文字もあり、日蓮宗の池上本門寺の影響ですかね。
こういう記事を書くときに、グーグルのストリートビューで必ず位置の確認をするのですが、2020年3月の写真にはないので、新しく設置されたようです。そういえば、堂宇が新しいです。後ろの民家を建て替えたので、位置を少し移動したようですね。2018年まであった以前の家では、少し右の電柱のあたりのブロック塀から少し奥まったところにありました。本来の位置の角地に移動したようです。
坂下にある「猿坂の祠」はこちら
この古道の先にある中延5丁目の「天明三年銘石造道標」はこちら
【写真>┴地蔵尊/道標/庚申塔/道祖神の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PageTop▲