2023年10月03日

イグノーベル賞2023

私のブログでイグノーベル賞の紹介をしたのは、2009年が最初でした。当時はマスコミに取り上げられることも少なく、知らない人が多かったです。2009年の記事では、2008年と2007年の受賞も紹介しています。
年月が経ちかなり有名になったので、そろそろいいかなとも思うのですが、ついでに紹介します。
化学&地学賞:多くの科学者が岩石を味わうのが好きな理由を説明したことに対して。
文学賞:人々が単語を何度も何度も何度も何度も繰り返した時に感じる感覚を研究した。
機器工学賞:死んだクモを機械的グリッパーとして蘇らせたことに対して。
公衆衛生学賞:尿検査用試験紙、排便分析用画像解析システム、識別カメラによる肛門認証センサー、オンライン通信システムなど、人間が排泄する物質を監視して迅速に分析する様々な技術を使用した装置「スタンフォード・トイレ」の発明に対して。
意思疎通学賞:えちしあちのとかちすうゆくねこうのどぅたくにしえそのちぼちふるそちうことおぐおつ(倒語を得意とする人々の精神活動を研究したことに対して)
医学賞:人の2つの鼻の穴にはそれぞれ同じ本数の鼻毛があるのかどうか、死体を使って数えたことに対して。
栄養学賞:電気を流した箸やストローが食べ物の味をどのように変えるのか調べた実験に対して。これは日本人の受賞です。宮下さんと中村さん。これは2011年の研究だが、現在はエレキソルトというものがあり減塩食の塩味の強さを最大1.5倍に増強することに成功した。
教育学賞:教師と生徒の退屈をきちんと統計的に研究したことに対して。
心理学賞:街道で見知らぬ他人が上を向いているのを見た時、どれだけの通行人が立ち止まって上を向くかを調べた実験に対して。
物理学賞:ヨーロッパカタクチイワシの性行為によって海水がどの程度かき混ぜられるのかを測定したことに対して。
それぞれ興味深いのだが、詳しく書くスペースがないので、興味のあるものはそれぞれ調べて下さい。下ネタ枠と日本人枠は健在ですね。
【ノート>ニュースの最新記事】
posted by エダヤスオ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート>ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
PageTop▲